看護師をやめて看護助手をしています

匿名さん

投稿日:2018/07/18 06:30


看護師じゃないのにここに投稿してごめんなさい。

元々 看護師をしていて(と言っても1年ほどですが…)
先輩やプリセプターさんから ひどい言葉を投げかけられ 私は看護師向いてないんだと思い
心を病み 看護師を辞めてしまいました。今も思い出すと辛いです。

今は職場を変え看護助手をしています。
人間関係も良く
精神的にも身体的にも楽になりましたが

どこかで、看護師に対して未練があります。
お給料のことなのか 憧れて目指したからなのか
頑張っている学生時代の友人を見てなのか…

この話の終わりが見えませんが
1人で悩んでいて苦しいです。

キャリアもない状態 今の環境に満足な状態
今後どうして行ったらいいのか分かりません

病院が合ってなかったのか(急性期)
看護師に本当に向いてないのか

そこが分からず
今後どうしていくか、迷っています。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

9件中 1~9件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2018/07/18 06:49

転職を考えて見てはいかがでしょうか?
病院には必ず嫌な人は数人居ます。耐えれるか耐えれないかはその人次第です。
嫌味を言われたからと言って向いて無いとか思う事では無いですよ!
主さんにしか出来ない事もきっとあるはずです
主さんは、師長、部長に、その事を相談しましたか?
師長や部長に相談してみるのも一つの解決策になると思います。師長、部長クラスなら主さんが向いて無いとか一切言わず励ましてくれるはずです。
それでも辛いなら転職を考えてもいいかもしれませんね。
施設や、サービス付き高齢者住宅何かナースは重宝がられますよ。介護員が殆どな所なんで介護員が上の立場のナースに嫌味を言う事はありませんから。
よく考えてみて下さい
決して向いて無いと私は思います

002 匿名さん

2018/07/18 09:54

看護師免許もってたら、資格使って働いてなくてもここの仲間ですからまず謝らないで。

もし主さんが本気で看護師やりたいならその職場の師長さんとかに相談できませんかね。
どうしたらいいかわからない…という相談では向こうも困ってしまうから、この環境のよいところで看護師として一からご指導いただけないでしょうか?というのはどうでしょうか。

003 匿名さん

2018/07/18 10:01

人間関係は働いてみないとわからないですよね…
心無い言葉によく頑張りました。
職場を変えていい場所に当たった様なので良かったです。
もし看護師として再スタート出来そうなのであれば、所属の師長や部長にその旨を伝えて、助手から看護師に契約を変われるか相談してもいいのではないでしょうか?
急ぐこともないですし、よく考えてみてください。
向いてるかどうかなんて誰にもわかりません。もしやりたい看護があるのなら、それに向かって頑張るだけです。
次はいい指導者に当たりますように。

004 匿名さん

2018/07/18 12:07

せっかくとった免許、できれば自分のためにも患者さんのためにもいかしたいですよね。

最近は、第二新卒採用といって、卒後しばらくたった人でも新人と同じように教育してくれるところもあります。看護助手さんの経験があるとのことなので少しは余裕を持って働けるんじゃないかな?

慢性期や療養中心に探してみてはどうでしょうか。

005 匿名さん

2018/07/18 12:12

私の非常に仲の良い友人が似た状況でした。

新卒で看護師として就職した病院を3ヶ月で退職。
数ヵ月後にもう一度看護師として就職しましたが、数日で退職。

いずれも心の問題、適応の問題でした。

その後2年ほどファーストフードのアルバイトをして傷を癒し、
看護助手として就職。
1年ほど助手をした後に、同じ病棟で看護師として復帰しました。

その後10年程度は病院の看護師として働き続けましたよ。
ただ、一度負った傷の後遺症は大きく、看護師として成長しようとか、勉強しようという気にはなれないようでした。
なんとかギリギリ働いているって感じですね。
3人の子どもの母親になり、今は保健所で事務職員として働いています。

私はその様子をずっとそばで見てきました。
看護師として働く自信を取り戻すまでは、非常に苦しんでいました。
結局、あまり看護師としての自信はもてなかったんじゃないかな。
看護師にこだわらなくてもいいんじゃないかなと思うこともありました。
でも、質問者さまと同じように、看護師を目指したからには、看護師として働きたいという気持ちがあったのでしょうね。

この方は、幸いうまくいった事例です。
看護師に復帰を目指すのもいいとは思いますが、やはり苦しみが伴います。
今が安定して働けているなら、このまま看護助手でいってもいいと思いますよ。

006 匿名さん

2018/07/18 22:02

学校卒業して社会人になるってことが、まずは大抵ストレスだと思う。
そのうえ看護師という患者の命に関わることでストレス。
女だらけの独特の社会がまたストレス。

トピ主さんは一回辞めてるけど、いまの看護助手という仕事で社会人として適応できたと思う。
そのままでもいいけど、
せっかくだから、看護師資格いかす職場にチャレンジしてもいいも、いまの職場で看護師に応募するのはどうなんでしょう。
いっそ別の方がいいのかな。

007 匿名さん

2018/07/20 15:49

そんな中途半端な気持ちで看護助手の仕事をしないほうがいいと思います。ほかの看護助手に対して失礼だと思います。看護師ができない(時間や優先順位の関係から)仕事を代わりにしてるのですよ。看護助手のほうが患者さんに寄り添うことが多く、本音で語ってくれることも多いですから。

008 匿名さん

2018/07/25 07:08

私もプリセプターや先輩にひどい言葉を投げ掛けられ、できる業務を減らされ一年程で退職して転職し今に至ります。今は人間関係もよいです。看護助手から看護師になる人も多いからか一から教えてもらって看護師として働いています。精神科やデイサービス、療養型の病院もいいかもしれません。准看護師が多かったり、看護助手から看護師になる人が多い病院だと理解がありよいかと思います。自分は向いてない、ダメだとなかば諦めていましたが自信を持つことができ悪循環から抜け出すことができました。一番は皆さんおっしゃるように今のところで看護師として働けないか聞くといいと思います。ダメなら近くの病院で第二新卒や助手から准看護師の免許取得を応援している病院を検索して直接聞いてみるといいと思います。頑張って😃

009 匿名さん

2018/07/27 22:58

今の職場の人間関係が良ければ、そこで看護師として復帰できるか相談してみては?

施設とか有料とかも看護師いますが、看護師としての経験がないと医師に診てもらう判断しなくてはなりません。

病院での復帰が良いと思います。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

9件中 1~9件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

フリートーク トピック一覧へ戻る

いちおし記事

寄り添う看護

みなさんが思う「患者さんに寄り添う看護」はどんなもの? [ 記事を読む ]

ドレーンの種類と管理方法

ドレーン排液の異常や固定部のずれ、ゆるみの有無を観察しましょう! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

看護や医療系の1日セミナー、いくらまでなら自腹で参加費を支払う?

投票数:
1180
実施期間:
2018年11月23日 2018年12月14日

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
1047
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
1047
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1101
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
978
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
928
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日

安楽死に賛成?反対?

投票数:
674
実施期間:
2018年12月11日 2019年01月01日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3697

がん末期の79歳の女性患者さん。自分の人生は残り少ないので、どうしても家に帰りたいと希望しています。ご家族は女性患者さんの希望を受け入れてあげたいと思っていますが、自宅で介護する自信がなく、どうしたらいいのか悩んでいます。そこで、女性患者さんと家族の双方の思いを酌んだ在宅移行ができないか、退院調整のスタッフから相談を受けました。以下、退院調整スタッフへの回答として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.訪問看護を利用し、ご家族は女性患者さんの思いを受け入れて、介護指導を受けながら精一杯頑張るよう説得するべきだと提案した。
  • 2.ご家族の不安が大きいので、訪問看護を利用するか、ホスピスへの移行を提案した。
  • 3.介護負担が増大しないように、訪問看護と泊まりのサービスを定期的に利用することのできる看護小規模多機能型居宅介護の利用を提案した。
  • 4.介護負担が増大しないように、訪問看護と泊まりのサービスを定期的に利用することのできる居宅療養管理指導の利用を提案した。
今日のクイズに挑戦!