「抗体カクテル療法」医療機関が外来で投与する5つの条件|看護roo!ニュース

抗体カクテル療法、投与する外来の条件って?

 

早期に投与すれば重症化予防が期待できるとして注目される、新型コロナの軽症・中等症向け治療薬「抗体カクテル療法」関連記事)。

 

承認された当初は入院患者に限られていましたが、感染の急拡大を踏まえ、宿泊療養者や入院待機施設の患者にも対象が拡大され、さらに厚生労働省は、一定の条件を満たした医療機関の外来でも投与を認めることに決めました

 

外来で投与する条件とは、どのようなものなのでしょう?

 

 

外来で投与するための条件とは?

厚労省は、医療機関が外来で抗体カクテル療法を行うために、次の5つを条件としています。

 

抗体カクテル療法:医療機関が外来で投与する5つの条件

新型コロナウイルス感染症における中和抗体薬 「カシリビマブ及びイムデビマブ 」 の医療機関への配分 に ついて 質疑応答集の修正・追加)」(厚生労働省)

 

夜間や休日でも患者からの電話に対応できることや、副作用や重症化がみられた場合にすぐに対応できる入院設備などが整っていることが条件になっています。

 

また、新型コロナの診療や検査を行う医療機関から、投与対象となる患者の紹介をスムーズに受けられるよう地域で調整しておくことなども必要としました。

 

 

投与対象となる患者は?

抗体カクテル療法は、供給量に限りがあるため、投与できる患者にも制限があります

 

投与対象となるのは、高齢者や基礎疾患がある人など重症化リスクが高い人で、次のような患者です。

 

抗体カクテル療法:投与対象となる重症化リスク因子

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き 第5.2版」(診療の手引き検討委員会)を基に看護roo!編集部で作成

 

 

全国各地で、抗体カクテル療法を宿泊施設や入院待機施設などで受けられるようにする取り組みが広がっています。

 

条件付きですが外来でも投与できるようになったことで、抗体カクテル療法を受けられる患者が増えました。

 

しかし、依然として、経過観察が難しいとして自宅療養者の在宅での投与は認められていません

 

在宅医などからは、自宅での投与も可能にすべきではないかという声も上がっています。

 

 

看護roo!編集部 坂本朝子(@st_kangoroo

 

 

SNSシェア

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆消化器外科看護の問題◆PTGBD(経皮経肝胆嚢ドレナージ)で感染が疑われる場合の排液は何色になるでしょうか?

  1. 緑色
  2. 乳白色
  3. 褐色
  4. 黄土色

8979人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8458人の年収・手当公開中!

給料明細を検索