異動が決まってから上司の態度が激変!どうしたら…?|看護師かげと白石の今週のモヤッと(51)

この連載では、総合病院で働く看護師のかげと中堅看護師の白石が、読者から寄せられた「看護の現場で感じるモヤモヤ」にお答えします。

みんなの「モヤッと」が「ピカッと」に変わりますように!

 

連載:看護師かげと白石の今週のモヤッと

Vol.51 異動が決まってから上司の態度が激変!どうしたら…?

 

先輩にきつく当たられて謝る看護師のイラスト

今回は看護師4年目の方からのお悩みです。

 

 

前々から課長と合わない感じだったのですが、異動の報告をしてから態度が手のひらを返すようにキツくなりました…。

口調がとてもキツかったり、私だけに強く注意したり、無視したり…。

 

病棟のトップなので「こういうのって部長に伝えるべきなのかな…?」と思っているのですが、どうなんでしょうか…?

 

私だけがショックを受けるだけで患者さんには影響がないので伝えるべきか悩んでいて…。
課長へ報告等もしにくいです、お願いします…。
 

(ちよこさん 看護師4年目)

 

これは大人げない話だね…。

 

課長と4年目看護師という立場の差があるにも関わらず、ツラいよね。

 

私も以前、師長さんに退職することを伝えたら、急に冷たい態度を取られた経験があるよ。

 

「あなたは来年いないからね」って言われたときは、わりとショックだったなぁ。

 

わかる!
僕もミスをしたら、「辞めるからって気を抜くんじゃない」とキツく言われたこともあったし…。

 

相談者さんの病棟の課長も、理由はどうあれ仕事なんだから無視とかするのは良くないと思う。

 

何か方法はないか、一緒に考えてみよう!

 

 

「部長へ報告」はちょっとリスキーな部分があったりする

相談者さんの考える通り、課長に関する相談がある場合は、その上の部長や副部長に相談するのがセオリーかなと思う。

 

でも、部長にすぐに伝えるのは、ちょっとだけリスクがあると思うんだ。

 

というのも、部長に課長のことをストレートに相談すると、思った以上に話を大きくされてしまったり、思わぬ方向にこじれてしまう可能性もあるんだよね。

 

私もそう思う。
そうなってしまうと、課長の恨みを買ったり…。

 

それがさらにこじれて異動先の課長にまで話が伝わって、異動先で居づらい感じになるかもしれないし。

 

脅かすみたいでゴメンね!
でも、この課長絡みの人間関係で今後困ってほしくなくて…。

 

うん。

本当だったら、この課長の態度は絶対改善されるべきだと思うんだけど、そのための行動にはちょっとだけ慎重になった方がいいかもね。

 

 

まずは信頼できる身近な人に相談を

部長に相談するのはいったんやめておくとして、このまま一人で我慢するのもしんどいよね。

 

うん。
私は、やっぱりまずは信頼できる身近な人に話してみるのがいいと思うよ。

 

たとえば、主任とかどうかな?
相談者さんの信頼関係ができているなら、主任に相談するのがベストかも。

 

「こういうことがあって、この状況に悩んでいます」


「無視されたことにショックを受けてしまって…」

 

って、課長との間で起こったことと、自分の気持ちを伝えて相談する感じで。

もし「主任はちょっと…」という場合は、他に信頼できる身近な先輩でもいいよね。

 

うんうん。
相談するときは、課長の悪口や愚痴っぽくならないようにしたほうが良さそうだよね。

 

「悩み」という話で伝えれば、主任や先輩がフォローに回ってくれるかもしれない。

 

相談の結果、「部長に報告したほうが良さそう」という判断になれば、そのときにどうやって対応するか主任と考えてみるのがいいと思う。

 

「私がショックを受けるだけで、患者さんに直接影響がないから」って書いてあるけど、ショックを受けているという相談者さんの感情にふたをしたり、我慢したりすることはないと思う。

 

自分のことを後回しにせず、大切にしてくださいね!
 

 

今週のピカッと


☆まずは信頼できる主任や身近な先輩に相談しよう

 

看護師かげと白石の今週のモヤッと。タイトルバナー

 

かげ・白石に聞いてほしいモヤモヤは

こちらのフォームからどうぞ!
 

 悩みを相談する 

 

 

プロフィール

看護師のかげ(@877_727)

医療の勉強に役立つ(てほしい)絵や仕事でのほっこり話などをTwitterでつぶやいています。

 

 

書籍紹介

 

『ホントは看護が苦手だったかげさんの イラスト看護帖〜かげ看〜』

かげ 著、永岡書店

看護師かげさん著「ほんとは看護が苦手だったかげさんのイラスト看護帖~かげ看~」の写影

 購入はこちら

 


10年以上病院で働いてきて、現在はいろんな場所で働いている看護師兼ライター。

最近は、後輩に飴ちゃんあげるおかん系看護師になりつつある。

 

 

書籍紹介

 

『Letters~今を生きる「看護」の話を聞こう~私もエールをもらった10人のストーリー』

白石弓夏 著、メディカ出版

白石弓夏著『Letters~今を生きる「看護」の話を聞こう~私もエールをもらった10人のストーリー』の写影

 購入はこちら

 

イラスト/かげ

編集/木村さちこ(看護roo!編集部)

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

SNSシェア

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆手術看護の問題◆長期間ステロイドを投与している患者さんに、手術による外科的な侵襲やストレスがかかった際に起こる意識障害や低血糖を予防するために、事前にステロイド投与をすることを何というでしょうか?

  1. オーバードーズ
  2. オーバーステロイド
  3. ステロイドカバー
  4. ステロイドフォロー

3327人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8364人の年収・手当公開中!

給料明細を検索