希望ではないオペ室勤務でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(17)

看護師かげと白石の今週のモヤッと。タイトルバナー

この連載では、総合病院で働く看護師のかげと中堅看護師の白石が、読者から寄せられた「看護の現場で感じるモヤモヤ」にお答えします。

 

みんなの「モヤッと」が「ピカッと」に変わりますように!

 

連載:看護師かげと白石の今週のモヤッと

Vol.17 希望ではないオペ室勤務でモヤモヤ

希望でない勤務にモヤモヤするオペナースのイラスト

 

看護師白石さんのアイコン

今回は手術室勤務に関するお悩みです。

 

 

手術室勤務の看護師1年目です。
希望していた部署ではないのに、配属されました。

 

手術室でも勉強になることはたくさんあるし、他の部署では経験できないこともたくさんあるとわかっています。


でも、病棟勤務の同期が看護技術をどんどんできるようになっている姿や、患者さんと良い関わりができている姿を見ると、うらやましくもあり、焦る気持ちもありモヤモヤします…。

 

就職してから今まで、手術室でのやりがいや楽しさも感じられません…。

前向きになれる考え方や、モチベーションを上げる方法など、アドバイスよろしくお願いします!
 

いとさん 看護師1年目

 

看護師白石さんのアイコン

希望ではない手術室の勤務か…。

私の同期にも、病棟希望だったのに手術室に配属された子がいたよ。

 

看護師かげさんのアイコン

そうなんだ…。

「みんながみんな希望通りにいかない」ってわかってても「なんで自分が…」って落ち込むよね。

 

看護師白石さんのアイコン

同期で集まったときに、

「この前入院〇件とってさ~」

「血管出ない人のルート一発で取れて~」

みたいな、何気ない会話に入っていけないモヤモヤもあるのかなと思った。

 

看護師かげさんのアイコン

焦ってしまう気持ちもよくわかる…。

 

看護師白石さんのアイコン

そんな中でも「前向きになりたい」「モチベーションを上げたい」と考えている相談者さんは、とってもエラい!!!

 

 

まずは異動希望をハッキリ伝える

看護師かげさんのアイコン

今回の相談文を読んで「勉強になることはたくさんある」「他の部署では経験できないこともたくさんあるとわかってる」と、今の経験を前向きに受け止めようと頑張ってる姿に泣けてきたんだよね…。

 

看護師白石さんのアイコン

ほんとにね…。
今ある環境で前向きになろうと奮闘してる。

でも、ぶっちゃけさ、人間だから「合う・合わない」ってあると思わない??
 

看護師かげさんのアイコン

はは(笑)

思わず笑ってしまった!

 

看護師白石さんのアイコン

「私は病棟勤務希望です」って師長さんにハッキリ伝えたほうがいい、というのが私の意見。

 

看護師かげさんのアイコン

おぉ!なるほど…!

「伝えてみる」っていう方法があるね!

とはいえ、1年目だしなかなか言い出せない人も多いのでは…?

 

看護師白石さんのアイコン

あ…やっぱり…?

 

看護師かげさんのアイコン

う…、うん。

 

看護師白石さんのアイコン

でもさ、言い出しずらかったとしても、ちゃんと伝えたほうがいいと思う。

それが、最終的には周囲のためにもなると思うんだよね。

 

 

自分を曲げていると、周囲の人も幸せになれない

看護師かげさんのアイコン

周囲のためでもあるというのは?

 

看護師白石さんのアイコン

勤務先の都合で自分の気持ちを曲げて、やりたいことを我慢してる看護師さんっていっぱいいると思って。

「自分だけワガママ言えない」って。

 

看護師かげさんのアイコン

そうだよね…。

僕もその一人かも…。

 

看護師白石さんのアイコン

そういう我慢はよくないよ、って最近思ってきたんだよね。

 

理由は3つあって、
 

1.「合う・合わない」は誰にでもある。

 

2.「合う」「やりたい」仕事のほうがその人の能力を最大限活かせるし、周囲にも明るいオーラが伝わる。

 

3.「合わない」「やりたくない」という状態のまま我慢した結果、「私だって我慢してきた」というセリフを後輩にぶつけてしまいやすい。

⇒ そうなるとオツボネ化する。

 

看護師かげさんのアイコン

うぉー、オツボネ化!!!

 

看護師白石さんのアイコン

そうそう。

結局、「私だって我慢してきた」の世代間連鎖がオツボネ化の一因かと。

 

看護師かげさんのアイコン

なるほど…。

 

「合う」「やりたい」仕事のほうが、パワー全開になれるっていうのもよくわかるなぁ…。

 

看護師白石さんのアイコン

うん、やりがいをもって働いている明るいオーラって周囲にも良い影響を与えるよね!

 

看護師かげさんのアイコン

だから「我慢せずに異動希望を伝えてみて」ってことだったのね。

 

 

いま吸収できることはやってみる

看護師かげさんのアイコン

ただね、異動希望ってすぐに通るとは限らない現実が…。

 

看護師白石さんのアイコン

「今回は希望が通りませんでした」と伝えられたときに、

いずれは病棟に行くことを見越して、手術室勤務の中で、病棟勤務にも活かせる部分を教えてほしいという旨を、師長さんに伝えるのがいいと思う。

 

看護師かげさんのアイコン

そうだね。

僕なんかからすると、

手術室では解剖生理を目の前で学ぶチャンスがあるから、病棟勤務でも活きる経験なんじゃないかな、と思ってうらやましいけど…。

 

看護師白石さんのアイコン

たしかにね…。

私も外科系の病棟にいて、周術期の患者さんに接しているときよく思ったよ。

手術のイメージが教科書止まりだから「手術の見学ができたらいいな」って。

 

看護師かげさんのアイコン

師長さんにも協力してもらいながら、病棟勤務を見据えた動きができていくといいよね。

 

看護師白石さんのアイコン

そうだね。

そのためにもまずは、自分の希望は我慢せず、伝えてみるところから始めてみてください!

 

 

今週のピカッと


☆まずは異動希望をハッキリ伝える

 

☆希望が通らなかったら、病棟勤務で現在の業務を活かせる方法を師長さんに相談する

 

 

 

かげ・白石に聞いてほしいモヤモヤは

こちらのフォームからどうぞ!
 

 悩みを相談する 

 

プロフィール
かげさんアイコン

看護師のかげ(@877_727)

医療の勉強に役立つ(てほしい)絵や仕事でのほっこり話などをTwitterでつぶやいています。

10年以上病院で働いてきて、現在はいろんな場所で働いている看護師兼ライター。

最近は、後輩に飴ちゃんあげるおかん系看護師になりつつある。

 

イラスト/かげ
編集/坂本綾子(看護roo!編集部)

 

●書籍紹介

『ホントは看護が苦手だったかげさんの イラスト看護帖〜かげ看〜』

かげ 著、永岡書店

看護師かげさん著「ほんとは看護が苦手だったかげさんのイラスト看護帖~かげ看~」の写影
 

 購入はこちら 

 

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでます

自分のキャリアのために、異動や転職したほうがいい?|仲本りさのTALK ROOM【11】

 

手術室看護師(オペナース)の役割とは?器械出し・外回りの方法からキャリアプランまで

 

データで見る!看護師の本音アンケート【全記事まとめ】

 

どれが正解? 点滴ルートの固定方法【全記事まとめ】

SNSシェア

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆循環器の問題◆以下の中で、最も緊急度の高い不整脈はどれでしょうか?

  1. たまに脈が飛ぶ。
  2. 40回/分以下の徐脈で息切れを訴えている。
  3. 四肢のしびれを訴えている。
  4. 数十秒の間に心拍が120回/分まで上昇し、その後、徐々にゆっくりになる。

8852人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8100人の年収・手当公開中!

給料明細を検索