キャパオーバーでモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(13)

看護師かげと白石の今週のモヤッと。タイトルバナー

この連載では、総合病院で働く看護師のかげと中堅看護師の白石が、読者から寄せられた「看護の現場で感じるモヤモヤ」にお答えします。

 

みんなの「モヤッと」が「ピカッと」に変わりますように!

 

連載:看護師かげと白石の今週のモヤッと

Vol.13 キャパオーバーでモヤモヤ

新人のキャパを天丼で表したイラスト

 

看護師白石さんのアイコン

今回は、新人看護師さんのお悩みです。

 

 

看護師という職業がキャパを超えすぎててやめたいです…。

りくさん 看護師1年目

 

 

看護師かげさんのアイコン

わかる!!!

キャパオーバー、僕も毎日感じてるよ…。
 

看護師白石さんのアイコン

私もわかる!!!

特に新人の頃のキャパオーバーってほんとツラいよね。

 

たとえるなら、

小さなお茶碗に、はみ出しそうなくらいのご飯と天ぷらがどどーんと盛られてる、

みたいな。

 

看護師かげさんのアイコン

看護師の仕事って、自分のキャパが小さくても、預かるものの大きさは変わらないところあるもんね…。

 

 

「命を預かる」看護師という仕事…

看護師白石さんのアイコン

新人の頃、私は「自分の行動次第で患者さんの状態が変わってしまう…」という恐怖におしつぶされそうだったよ。

 

看護師かげさんのアイコン

僕も「命を預かってる」というプレッシャーがすごかった…。

 

看護師白石さんのアイコン

命を預かってるにもかかわらず、新人の頃って、仕事の全部が「初めてのこと」「できないこと」だもんね。

 

看護師かげさんのアイコン

もう、できないことをあげていったらキリがないよね。

 

看護師白石さんのアイコン

ほんとに!

「優先順位がわからない」

「業務が終わらない」

「知識が足りない」

「ケアや看護技術でできないことがある」

だから先輩に指摘されたり注意されまくってツラい…。

 

看護師かげさんのアイコン

そう!

だから、相談者さんが「看護師という職業ってキャパ超えすぎてる」というのもほんとに気持ちわかるんだ。

 

 

キャパ超えの原因を整理して「なんでもいいから1つだけ」取り組んでみる

看護師白石さんのアイコン

相談者さんの今の気持ちは、「もう全部無理!」って感じかもしれない。

でも、自分を苦しめている原因を見つめてみるといいかもしれないな。

 

看護師かげさんのアイコン

そうだね。

「これがつらい…」「あれはできてない…」ってなっちゃうときは、一度「何をキャパオーバーと感じてるのか」整理してみると、頭がスッキリするかもね。

 

看護師白石さんのアイコン

そうだね。

頭の中のモヤモヤをノートに書き出してみると、課題が目に見えるよね

 

看護師かげさんのアイコン

その中で、なんでもいいから1つだけ「これは解決できるように取り組んでみよう」と考えてみてほしいな。

 

人間、そんなに一気にできるようにはならないから、できそうなことから1つずつでいいと思うんだよね。

 

看護師白石さんのアイコン

うん!

先輩も、そんな一気にできるようになるなんて思ってないから1つずつで大丈夫だよね!

 

 

整理した内容にしたがって、選択肢は広く考えてみる

看護師かげさんのアイコン

課題を整理してみると、キャパに少し余裕も出るから、次の一手も考えやすくなるよ

 

看護師白石さんのアイコン

そうだね、次の選択肢を考えるにしても、今、何でキャパオーバーなのかわからないと、同じことを繰り返すかもしれないし。

 

看護師かげさんのアイコン

そうなんだよね。

相談者さんは今、「やめたい」って思っちゃうほど、とってもしんどいから…、

その状態で次を考えちゃうのは、ちょっと心配なんだ…。

 

看護師白石さんのアイコン

そうだね。まずは頭をスッキリさせて…。

「看護師という職業」の中にも、いろんな選択肢があるから。

今とは別の働き方もあるし、広く考えてみてほしいな。

 

 

キャパオーバーでも大丈夫!

看護師かげさんのアイコン

いろいろ話してきたけどさ。

もう、とにかく、目の前のことでいっぱいいっぱい、という状態にはすごく共感するんだ。

 

あんまり気にしすぎないで、まずはゆっくり休んだり、気分転換も大事だと思う!

 

看護師白石さんのアイコン

そうだね!

休むのも大事!

 

看護師かげさんのアイコン

僕なんか、今でも毎日キャパオーバーだし!(笑)

 

看護師白石さんのアイコン

私も!

でも、新人の頃と違うのは、キャパオーバーの兆候に気づけるようになったことかなぁ。

 

いっぱいいっぱいになる前に、周りにヘルプをお願いできるようになったよ。

 

看護師かげさんのアイコン

そうだね。

どうにか続けてみることで、自分なりの解決方法が見つかったりもするよね。

 

相談者さんも、あまり焦らず、まずは状況を整理することから始めてみてください!

 

 

今週のピカッと


☆キャパ超えの原因を整理してみよう

 

☆どうにか続けてみることで、自分なりの解決方法が見つかることも

 

 

 

かげ・白石に聞いてほしいモヤモヤは

こちらのフォームからどうぞ!
 

 悩みを相談する 

 

プロフィール
かげさんアイコン

看護師のかげ(@877_727)

医療の勉強に役立つ(てほしい)絵や仕事でのほっこり話などをTwitterでつぶやいています。

10年以上病院で働いてきて、現在はいろんな場所で働いている看護師兼ライター。

最近は、後輩に飴ちゃんあげるおかん系看護師になりつつある。

 

イラスト/かげ
編集/坂本綾子(看護roo!編集部)

 

●書籍紹介

『ホントは看護が苦手だったかげさんの イラスト看護帖〜かげ看〜』

かげ 著、永岡書店

看護師かげさん著「ほんとは看護が苦手だったかげさんのイラスト看護帖~かげ看~」の写影
 

 購入はこちら 

 

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでます

現役看護師・イラストレーター 仲本りささんインタビュー|真っ暗だった1年目を越えて。今伝えたいこと

 

1年目、どうやって乗り越えた?|看護師のお悩みホンネ座談会【2】

 

医療コーディネーターがすすめる“看護ノート”の作り方

 

データで見る!看護師の本音アンケート【全記事まとめ】

 

どれが正解? 点滴ルートの固定方法【全記事まとめ】

この記事をシェアしよう

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆脳・神経の問題◆特発性正常圧水頭症についての説明で正しいものはどれでしょうか?

  1. 歩幅の減少などの歩行障害が表れる。
  2. くも膜下出血に続いて起こる。
  3. 頭部X線検査で確定診断される。
  4. 治療は、薬物療法が第一選択である。

799人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8069人の年収・手当公開中!

給料明細を検索