ナースのお悩み処方箋【4】「白衣の天使」なんて言われても・・・

「泣いたっていい、怒ったっていい。だって、私たちは天使じゃないもの」


看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | ナースのお悩み処方箋【4】白衣の天使なんていわれても・・・

 

看護学校を卒業して、現場に出てまず驚くのは、無茶・理不尽な要求を突きつけてくる患者さんの多さ。
ひどい言葉をぶつけてくる患者さんも、想像以上に多いです。

それらの多さは『モンスター・ペイシェント』という言葉ができ、社会的にも認識されるほど。
最近はますます増えてきたように感じます。

だからって、無理に我慢する必要はありません。

私たちは、医療行為という技術を提供するサービス業だと、私は考えています。
適切なサービスができていないのであれば、多少の文句は言われても仕方がないことではあります。
ですが、私たちはボランティアをしているわけではありません。
理不尽な要求は突っぱねる権利がありますし、言葉や肉体への暴力は警察へ届けるべきです。

届け出るほど酷いものじゃなかったとしても、「相手は患者さんだから」と無理に我慢している人が多いように思います。

でも、無理な我慢は、どこかにゆがみが生じます。
たまには感情を溢れさせることだって必要ではないでしょうか。
だって、私たちは機械でも何でもなくて、感情のあるただの人間なんですから。

しかも、そうやって我慢している時に、「まさに白衣の天使だね、すごいね、えらいね」と褒められてしまうと、何だか我慢して当然のように感じてしまうこともありませんか?

『白衣の天使』という言葉は、素敵すぎるイメージを患者さんに与えています。
天使のようだ、と言われて悪い気はしません。
けれど、イメージが先行しすぎて、逆に仕事がしにくくなっているのもまた事実。
私は不良ナースなので、「『天使』じゃなくて『ペ天使』なんですよー」なんて言って、患者さんにチクリとやっていますが。

そろそろ「私たちは天使のフリをしている、ただの人間なんですよ」と、声を大にして言うべき時なのかも……。

ついつい、そんなことを考えてしまいます(笑)。

 

 


 【岡田久美】 兵庫県出身。看護書籍の編集とゲームシナリオライターを本業に、フリーの看護師として活躍中。いつでもどこでもどんなところでも勤務できるオールマイティな看護師を目指し、これまでの勤務職場は病院、クリニックなど30以上。

著書に「看護師の流した涙」(ぶんか社)がある。

SNSシェア

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆解剖の問題◆腎小体は、糸球体ともう一つ何から成っているでしょうか?

  1. ボーマン嚢
  2. ポーツマス嚢
  3. ボーンマス嚢
  4. ボール嚢

948人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8129人の年収・手当公開中!

給料明細を検索