最終更新日 2018/03/29

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎とは・・・

マイコプラズマ肺炎(まいこぷらずまはいえん、mycoplasma pneumonia)とは、Mycoplasma pneumoniae(マイコプラズマニューモニエ)という病原微生物により引き起こされる肺炎で、非定型肺炎の一つである。

【非定型肺炎】
非定型肺炎とは細菌以外の微生物により引き起こされる肺炎の総称であり、それにはマイコプラズマ肺炎、Legionella pneumophila(レジオネラニューモフィラ)によるレジオネラ肺炎、Chlamydia(クラミジア)属およびChlamydophila(クラミドフィラ)属によるクラミジア肺炎が含まれる。

【特徴】
小児から若年成人と比較的若い年齢層に好発する肺炎で、痰を伴わない、激しくしつこい咳嗽(がいそう)が特徴的である。診察では、激しい咳嗽にもかかわらず聴診所見に乏しいことも特徴の一つである。

【診断】
マイコプラズマの血清抗体値を測定して診断を行う。マイコプラズマの喀痰(かくたん)からの培養は難しく、時間もかかるため用いられることは少ない。

【治療】
抗菌薬による治療が行われる。使用される薬剤は、アジスロマイシンやクラリスロマイシンなどのマクロライド系やテトラサイクリン系、ニューキノロン系などがよく使用される。

【感染予防策】
マイコプラズマ肺炎は接触および飛沫感染で伝播していく。そのため、手洗いやうがいなどを行い、患者との接触や人の多い場所は避けた方が良い。

執筆: 野浪 豪

神戸市立医療センター中央市民病院 麻酔科 救命救急センター

この記事をシェアしよう

この単語に関連する記事

1777単語公開中!

用語辞典トップへ