最終更新日 2019/07/29

モジュールナーシング

モジュールナーシングとは・・・

モジュールナーシング(もじゅーるなーしんぐ、Module Nursing)とは、プライマリーナーシングチームナーシングを合わせた日本独自の看護方式である。モジュール型看護方式。
1つの病棟内を2つ以上のチームに編成し、チームの看護師をさらに数名ずつのモジュール(単位)に振り分ける。このモジュール単位で一定期間、担当患者の入院から退院までの一貫した看護を行う方法。アメリカの看護師の人数と比べて、日本の病院に配置されている看護師数が圧倒的に少ないという背景から考えられた。
【メリット】
・看護師が患者を全体的に把握する事ができ、看護計画の立案・実施・評価がしやすい
・プライマリーナーシングと比較して患者が受けられる看護に偏りが少ない
・看護師の能力差をリーダーがカバーできる
・チームナーシングに比べて担当した患者の回復過程を一貫して見ることができるため、看護師のやりがいを見いだしやすい

執筆: 永澤成人

東京慈恵会医科大学医学部 看護学科老年看護学助教 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ