看護用語辞典 ナースpedia キーワード:カニューレ

カニューレとは・・・

最終更新日 2018/01/29

カニューレ(かにゅーれ、cannula)とは、心臓や血管、気管などに挿入する太めの管のことである。気管切開後に切開部から気管内に挿入するものを気管カニューレという。気管カニューレは、患者の状態に応じて使い分ける。

【気管カニューレ 】 
気管挿管から1週間以上経過した患者で、人工呼吸器から離脱できない場合などに、気管切開をすることがある。気管切開後の気道確保、気道分泌物の吸引などのために使用する。いくつかの種類があるので、使用する患者の呼吸状態やリハビリの進行状況に応じて使い分ける。 
気管カニューレは大きく分けて、カフの有無、窓の有無、内筒の有無で分けられる。 
■カフ
カフはチューブの先端部分に付いている風船のことである。このカフを適切な圧力で膨らませ、カニューレを通して気道へ換気を行うことで、人工呼吸器などによる換気を効率化できる。この際、帯への空気の流れは遮断されているため、発声はできない。口腔内分泌物などの気道内への垂れ込み防止に役立つこともある。
■窓 
窓とはカニューレの屈曲部(口側)に開いている穴のことで、そこから空気の出入りができる。窓付きのカニューレを用いると、空気が声帯を通るので、発声ができるようになる。しかし、口腔内分泌物などの気道内への垂れ込みの危険がある。人工呼吸器などにつなぐことはできない。
■内筒 (複管タイプ)
通常の気管カニューレ(内筒なし)が1本の管(単管)であるのに対し、内筒がある2重構造の気管カニューレ(複管タイプ)がある。複管タイプは、呼吸状態の改善にあたり発声練習をすることが可能である。人工呼吸器などを接続する場合は内筒を入れた状態で使う。外筒の屈曲部(口側)に窓が付いており、内筒を外し該当の入口部を指で押さえたり、発生用バルブをつけることで発声練習ができる。呼吸器筋疲労や呼吸状態の悪化があれば、内筒を挿入し、人工呼吸器につなぐことができる。 

【複数の気管カニューレの使用例】
(1)気管切開後、間もない患者は、嚥下機能も悪く、呼吸器からの離脱もできていないため、カフあり、窓なし、内筒なし(単管タイプ)を使用する。
(2)徐々に呼吸状態の改善が進む中で、カフあり、窓あり、内筒あり(複管タイプ)に切り替えていく。 
(3)呼吸状態の改善が得られ、口腔内分泌物などの気道内への垂れ込みなど誤嚥の危険性が下がれば、カフを凹ませ、内筒を外して発声用バルブを付ける。発声用バルブは一方弁なので、吸気時にカニューレと口から空気を取り入れ、呼気時には声帯を通って口から空気を出すことができ、発声ができるようになる。この段階のカニューレの状態をスピーチカニューレと言う。 
以上のように、呼吸状態やリハビリの進行状況に応じて気管カニューレは使い分けができる。

執筆

江角 亮

三重大学医学部附属病院 救命救急センター医員

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

電池切れ|マンガ・ぴんとこなーす【226】

夜勤明けあるある!夜勤ハイがずっと続くと思いきや… [ 記事を読む ]

【イラストで解説!】消化器系の解剖生理

胆汁は胆嚢から放出されます。では、胆汁を作るのはどこでしょう? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

TV番組、毎週どれだけ録画してる?

投票数:
1294
実施期間:
2019年05月31日 2019年06月21日

院内のジンクス教えて!

投票数:
1131
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1102
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
1032
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
930
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日

エンゼルケアどこまでやっている?

投票数:
3054
実施期間:
2019年06月18日 2019年07月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3328

過敏性腸症候群のRome Ⅲ診察基準では、「半年以上前から腹痛や腹部不快感を繰り返し、特に最近3カ月は、月のうち3日以上ある」という症状のほか、3つの項目が当てはまることとされています。下記の選択肢のうち、その3つの項目に当てはまらないものはどれでしょうか?

  • 1.腹痛や腹部不快感は、排便すると軽くなる。
  • 2.症状とともに排便の回数が増えたり減ったりする。
  • 3.症状とともに便の形状が以前と変わった(柔らかくなったり硬くなったりする)。
  • 4.症状とともに発熱のような随伴症状、もしくは血便が見られる。
今日のクイズに挑戦!