最終更新日 2019/02/13

ケミカルメディエーター

ケミカルメディエーターとは・・・

ケミカルメディエーター(けみかるめでぃえーたー、chemical mediator)とは、細胞間の情報伝達に作用する化学物質のことである。化学伝達物質ともいう。ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサン、血症板活性化因子、セロトニンヘパリンなどがこれに当たる。

肥満細胞が放出するケミカルメディエーターは、さまざまなアレルギー反応(血管透過性の亢進、血流の増加、炎症細胞の遊走など)を起こす。

執筆: 栗林真悠

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ