看護用語辞典 ナースpedia キーワード:やけど

やけどとは・・・

最終更新日 2018/12/04

やけど(burn)とは、火や熱湯など高熱によって生じる損傷のことをいう。熱傷ともいう。比較的低い温度でも持続的に加熱されると、やけどになることもある(低温やけど)。範囲および深さが重症度と深く関係している。
やけどの範囲を判定する方法として、成人では9の法則、小児では5の法則というものがある(図1)。やけど面積が30%を超えると重症となり、全身管理が必要なレベルとなる。

図1やけど範囲の判定

【分類】
また、やけどはその深さによってⅠ度からIII度に分類される。

■I度
やけどの深さは表皮までであり、皮膚には発赤のみを認め、痛い。特に治療をしなくても傷跡を残さずに治癒する。

■II度
やけどの深さが表皮を超えて真皮に至る。発赤や痛みだけでなく水疱を伴う。水疱の底の真皮が赤色を呈し、一般的に1~2週間で瘢痕を残さず治癒が期待できる程度の浅達性II度熱傷と、水疱の底の真皮が白色を呈し、3~4週間で治癒が期待できるが、瘢痕を残す可能性が高い深達性II度熱傷とに分けられる。

■III度
やけどの深さが皮膚全層に及ぶ。皮膚は白色化し痛みを伴わない状態になる。植皮術を行わなければ瘢痕拘縮を残す。

【治療】
受傷したらすぐに冷却する。体の部位や年齢などで一概には言えないが、15~30分ほど冷却することで、やけどの進行を抑え、痛みを軽減してくれる。深部II度熱傷以上になると植皮が必要となる。

執筆

水 大介

神戸市立医療センター中央市民病院  救命救急センター医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1377
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1275
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1122
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1099
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
972
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
804
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1630

◆移乗時の問題◆手術が終了した患者さんを手術台からストレッチャーに移乗させる際のライン類の扱いで正しいものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.スタッフが各自でドレーンや点滴を確認して移乗させる。
  • 2.患者さんが麻酔から十分に覚醒していない場合は、ストレッチャーへ移乗させてからドレーン類を整理する。
  • 3.術後は術者や看護師がラインを確認しているため、移乗時にはラインのたるみがないよう、ライン類が伸展してしっかり固定してあるかの確認をする。
  • 4.患者さんに挿入されているライン類はたるみや引っ掛かりがないかを移乗前に確認し、スタッフで共有してからリーダーの声掛けで移乗させる。
今日のクイズに挑戦!