看護用語辞典 ナースpedia キーワード:広背筋

広背筋とは・・・

最終更新日 2018/05/09

広背筋(こうはいきん、latissimus dorsi)とは、背部の下方で三角形をなしている筋肉であり浅背筋のひとつである。腰部と胸部にかけて広がる三角形状の板状筋であり、背部で最も面積の広い筋肉である。古くは闊背筋(かっぱいきん)と呼ばれた。

広背筋の起始は第5胸椎から第5腰椎の棘突起・仙骨・腸骨稜後内側部・第9‐12肋骨であり、停止は外側上方に向けて収束して腋窩を通り上腕骨上部前面の小結節稜に付着する。
広背筋の作用は上腕の内転であり、さらに上腕を内後方に引き寄せる働きをする。また、上腕を内旋させる作用もある。また、広背筋は強制呼気をする際の呼吸補助筋の一部となる。
神経支配は胸背神経(C6-8)が司り、拮抗筋は三角筋と僧帽筋である。

広背筋は解剖学的にはさまざまな目印となる。広背筋外側下縁と腸骨稜と外腹斜筋後縁からなる三角形は「腰三角」と呼ばれ、後腹膜の抵抗の弱い部位であり腰ヘルニアの要因となる。また、広背筋上縁と肩甲骨内側縁と僧帽筋外側縁からなる三角形は「聴診三角」と呼ばれ、筋層が薄いために呼吸音が明瞭に聞こえるため聴診に適している。

執筆

井上 彰

明石医療センター 救急科医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

ぴんとこ総選挙 結果発表|マンガ・ぴんとこなーす【番外編】

1位は看護のジレンマがテーマのあの話!あなたの推し回はランクインしてる? [ 記事を読む ]

熱中症の応急処置・治療の方法は?

暑さが本格化…!熱中症の対応は万全に! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

ナース・プラクティショナーの制度に賛成?反対?

投票数:
1237
実施期間:
2019年07月30日 2019年08月20日

あなたを癒やしてくれる存在とは?

投票数:
1182
実施期間:
2019年08月02日 2019年08月23日

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1036
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1010
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
870
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
687
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3652

以下の過敏性肺炎の中で、日本で最も多い過敏性肺炎の種類はどれでしょうか?

  • 1.夏型過敏性肺炎
  • 2.鳥関連過敏性肺炎
  • 3.農夫肺
  • 4.加湿器肺
今日のクイズに挑戦!