最終更新日 2019/09/30

医療連携室

医療連携室とは・・・

医療連携室(いりょうれんけいしつ)とは、中核病院と地域の医療・介護機関、診療所、地域包括支援センターなどとの連携・協力を推進し、地域連携を進めるための役割を担う部署のことである。入院・外来・在宅において切れ目のない医療の提供のために重要な役割を果たしている。地域医療連携室、医療福祉相談室、ソーシャルワーカー室などの呼び名をとるところもある。

■主な役割
・地域の医療機関や診療所(登録医)から患者の紹介を受け付け、事前のデータ登録やカルテ作成
・紹介元医療機関との情報共有や連携、返書
・スムーズな入院受け入れ体制整備
・入院中の患者サポート
・治療終了後の退院、転院相談や紹介先との連携
・退院後の患者への相談受付、在宅療養支援や療養面の問題解決をサポート
・医療機関や地域行政、一般住民に対する広報活動

執筆: 永澤成人

東京慈恵会医科大学医学部 看護学科老年看護学助教 救命救急センター

この記事をシェアしよう

この単語に関連する記事

関連する記事はありません。

1777単語公開中!

用語辞典トップへ