1. 動画でわかる!看護技術>
  2. 高齢者の活動援助> 関節の拘縮予防(高齢者向け)

2016年04月18日

関節の拘縮予防(高齢者向け)


【監修】

山本君子(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 教授)

 

【執筆】

太田淳子 (杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 助教)

監修者・執筆者・監修大学についての詳細

 

「関節の拘縮予防訓練(高齢者向け)」の目的

日常生活動作、移乗・移動動作に必要な関節可動域の維持・拡大
●関節受容器への刺激による運動感覚、位置感覚の維持
血液循環の改善

 

「関節の拘縮予防訓練(高齢者向け)」の適応

●長期の不動状態で拘縮の危険性がある患者さん

 

「関節の拘縮予防訓練(高齢者向け)」の禁忌

●安静時に脈拍数が100回/分以上の場合
●安静時に息切れ、呼吸困難、胸痛がある場合
●痛み、炎症のある関節部位
●異所性骨化形成のある関節部位

 

「関節の拘縮予防訓練(高齢者向け)」の準備

(1)関節の拘縮予防訓練を行う前に、患者さんの観察を行う

■患者さんの観察ポイント

  • 意識レベル
  • バイタルサイン
  • 気分不良の有無
  • 関節可動域
  • 疼痛の有無

 

(2)実施前に必ず関節可動域を確認する

 

(3)患者さんに目的・方法を説明し、同意を得る

 

(4)痛みを感じたら、すぐ看護師に伝えてもらうようにする

 

(5)転倒防止のため、柵の有無などを確認する

 

(6)股関節を内外転・内外旋の中間位にする 

 

(7)片方の手でかかとを、もう片方の手をひざに当て、固定する

 

(8)股関節と膝関節を約10秒かけて曲げる

ポイント

腕の力ではなく体重移動を利用する。腕の力だと皮膚が引っ張られ、損傷を起こす可能性がある

(9)右足×5回 左足×5回ずつ、痛みの無い範囲で行う

ポイント

筋肉をゆっくり伸張しながら、ストレッチングする

 

(10)終了後、患者さんに疼痛や気分不良の有無を確認する

 

(11)最後に、安楽な状態を確認し、終了

 


【引用・参考文献】

(1)鈴木俊明(監修):運動器疾患の評価と理学療法 第2版.アイペック,東京,2015:282-303.
(2)奈良勲,浜村明徳(編):拘縮の予防と治療 第2版.医学書院,東京,2008.
(3)Bob A. Anderson(著),小室史恵,杉山ちなみ(監訳):ストレッチング,ナップ,東京,2002
(4)亀井智子(編集):根拠と事故防止からみた老年看護技術.医学書店,東京,2012.
(5)武田宜子他(著):系統看護学講座 別巻 リハビリテーション看護.医学書院,東京,2015.

関連記事

いちおし記事

看護roo!サロンで楽しくおしゃべり♪

【謝礼5000円】他の病院のナースと話せる貴重な機会♡謝礼もゲット! [ 記事を読む ]

せん妄はどうやって予防する?発症したらどうする?

せん妄の発現や重症化を抑え、せん妄期間を短縮するには,原因に対する迅速な管理が重要です. [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1316
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1248
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
1130
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
987
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日

生理痛で困ってない?

投票数:
955
実施期間:
2019年03月21日 2019年04月11日

一番好きな看護業務は?

投票数:
494
実施期間:
2019年03月26日 2019年04月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者303

介護施設に入所している80歳女性。重度の認知症があり自室のベッドのそばで倒れているところを発見されました。ベッドからの転落が疑われます。前頭部挫創部を圧迫止血された状態で病院到着となりました。意識はあり、指先は動かせますが肘は曲がった状態です。以下のうち、看護師のあなたがとるべき対応として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.最終健在時刻・発見時刻を施設職員から聴取し、転倒の原因についてのアセスメントを最優先に行った。
  • 2.頸椎・頸髄損傷の可能性を考えて、全身の神経学的所見や呼吸形式を観察した。
  • 3.退院後は転落のリスクを考えて、抑制帯を使用して再発防止策をとるように施設職員に伝えた。
  • 4.退院後はベッドからの転落防止のため、必ず施設職員の目の届く部屋にし、常に患者さんに付き添いを行うように施設職員に伝えた。
今日のクイズに挑戦!