1. 動画でわかる!看護技術>
  2. 高齢者の口腔ケア> 高齢者の義歯の取り扱い

2016年04月18日

高齢者の義歯の取り扱い


【執筆】

山本君子(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 教授)

監修者・執筆者・監修大学についての詳細

 

「高齢者の義⻭の取り扱い」の目的

●高齢者は唾液分泌量の減少により自助作用や抗菌作用が低下しているため、義歯の清掃が不十分だと、連鎖球菌やブドウ球菌などの常在菌の増殖の原因となる
●義歯の手入れは、口腔内の細菌量を減少させることを目的に行う

 

「高齢者の義⻭の取り扱い」の適応

●義歯には、食物残渣や歯垢、義歯の安定剤などの汚れが付着しているため、毎食後義歯用のブラシで洗浄することで取り除くことができる
●口腔内に細菌が繁殖することで、口腔内だけでなく口腔以外の臓器に繁殖し、全身性の疾患を引き起こすことが考えられる
●特に、細菌・食塊が気道に入ると、高齢者は誤嚥性肺炎に罹患する可能性が極めて高い状態となる

 

「高齢者の義⻭の取り扱い」の禁忌

●歯磨き剤の使用は、義歯を傷つけるため、用いないようにする
●義歯は、洗浄時熱湯を使用すると変形するため、水で洗浄する
●義歯は、乾燥させると変形やひびの原因になるため、義歯洗浄剤または水を入れた義歯専用容器に保存する

 

「高齢者の義⻭の取り扱い」の必要物品

  • ガーグルベースン
  • 義歯保管容器
  • 義歯洗浄剤
  • 義歯専用歯ブラシ
  • 消毒液
  • タオル
  • ガーゼ
  • マスク
  • 手袋
  • エプロン
  • ビニール袋
  • 微温湯

 

「高齢者の義⻭の取り扱い」の実施方法

(1)義歯をはずし、洗浄することへの同意を得る

 

(2)患者さんの上半身を挙上し、誤嚥を防止する体位にする

 

(3)微温湯を入れた水差しで、口をゆすいでもらう

 

(4)患者さん自ら義歯をはずせる場合は、取り外してもらう

 

(5)義歯はすべりやすく破損しやすいため、取り扱いには十分注意する

 

(6)義歯をはずした後、再び微温湯で口をゆすいでもらう

 

(7)水をはったガーグルベースンの上で、義歯をブラッシングする

ポイント

水をはったガーグルベースンの上で行うことで、万が一落としたときの衝撃を小さくし、破損を防止することができる

 

(8)義歯の変形をさけるため、水でブラッシングする

 

(9)上顎義歯は下向きに、下顎義歯は上向きにブラッシングする

 

(10)夜間は義歯をはずすように説明する

ポイント

夜間義歯をはずすのは、装着したままだと歯茎の粘膜を常に圧迫している状態になり、細菌や真菌類の刺激で粘膜の発赤、口内炎の原因になるため

 

(11)フタ付きの容器に義歯洗浄剤を入れて保管する

 

(12)洗浄剤を使用した義歯は、装着前に流水で洗浄する

 

(13)義歯保管容器は、患者さんがわかる場所に置く

 

(14)最後に、違和感などがないか確認する

 


【引用・参考文献】

(1)曽根千賀子(著):老年看護技術 アセスメントのポイントとその根拠,ヌーヴェルヒロカワ,2015:47-49.
(2)梶井文子(著):根拠と事故防止からみた 老年看護技術,医学書院,2012:108-110.
(3)鈴木小百合・戸田由美子(著):学ぶ・試す・調べる 看護ケアの根拠と技術,医歯薬出版,2014:85-95.
(4)上原朋子(著):ナーシング・グラフィカ  老年看護学② 高齢者看護の実践,メディカ出版,2016:63-68.

関連記事

いちおし記事

癒し系ドクターの裏の顔

優しく仕事のできる癒し系ドクター。見た目のキャラとは裏腹に…! [ 記事を読む ]

ドレーン管理

開腹術後患者の観察ポイントは? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

リフレッシュ休暇!もし10日もらえたらどこへ行く?

投票数:
1162
実施期間:
2018年05月01日 2018年05月22日

「辞めたい」のは看護師?職場?

投票数:
866
実施期間:
2018年05月04日 2018年05月25日

電子タバコ、吸ったことある?

投票数:
801
実施期間:
2018年05月08日 2018年05月29日

2交替の人に質問!仮眠のあとどうやって起きてる?

投票数:
701
実施期間:
2018年05月11日 2018年06月01日

院外研修、受講料どうしてる?

投票数:
633
実施期間:
2018年05月15日 2018年06月05日

ネットワークビジネス、誘われたことある?

投票数:
546
実施期間:
2018年05月18日 2018年06月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4142

80歳女性Aさんは、入院前は一人暮らしをしており、活動的な性格でした。身体疾患の治療が終わり、退院の調整に入ったころから「何もしたくない」と言い始め、一日を通して臥床している時間が長く、食事と排泄以外は自発的な行動が見られない状況でした。次の選択肢のうち、Aさんへの対応として適切でないものはどれでしょうか?

  • 1.身体的苦痛がないか、全身状態を観察する。
  • 2.退院後の生活について話を聞いてみる。
  • 3.うつ病を疑い、GDSにて評価する。
  • 4.「気分転換に散歩しましょう」と離床を促す。
今日のクイズに挑戦!