1. 動画でわかる!看護技術>
  2. フットケア> フットケア(足病変の観察~爪切り)

2016年04月18日

フットケア(足病変の観察~爪切り)


【監修】

中島恵美子(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 教授)

 

【執筆】

量 倫子 (杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 講師)

監修者・執筆者・監修大学についての詳細

 

「フットケア(足病変の観察~爪切り)」の目的

●糖尿病患者さんは末梢血管障害、神経障害があると足病変を合併しやすく、感染を契機に急速に足病変が進展しやすいため、足病変の予防と早期発見のために観察を行う
が伸びていたり、巻き爪などの爪の変形があると、周囲の組織や隣の足趾、爪床を圧迫し、足病変のリスクが高まるため、正しく爪を切ることによって足病変を予防する

 

「フットケア(足病変の観察~爪切り)」の禁忌

●足病変の観察をおこなう上での禁忌はないが、爪切りは重度の足病変がすでに生じている場合は、専門の医師に任せる

 

「フットケア(足病変の観察~爪切り)」の必要物品

  • 処置用シーツ
  • プラスティックエプロン
  • ビニール袋
  • マスク
  • 手袋
  • 爪やすり
  • 爪切り
  • ニッパー
  • 鑷子(消毒綿球を使用する場合)
  • 固定用テープ
  • 消毒綿(アルコール綿)
  • 膿盆
  • ガーゼ

 

「フットケア(足病変の観察~爪切り)」の準備

(1)患者さんに足の観察をし、爪切りをすることを伝え、靴と靴下を脱いで、臥位をとってもらう

 

(2)看護師は手を事前に温めておく

 

(3)足にしびれや疼痛、掻痒感、違和感、冷感などがないかを確認する

 

(4)足底を観察する。趾の形状、外反母趾や内反小趾、クロウトゥ(鷲爪)やハンマートゥ(槌爪)、足底のアーチの形状、特に扁平足などの有無を見る

 

(5)足背を観察する。手で足底を触りながら皮膚の温度や胼胝、鶏眼などがないか、乾燥や亀裂がないか確認する

 

(6)趾間を観察し、皮膚の剥離・白癬(はくせん)の有無を確認する

 

(7)動脈を触知し、血液の状態を確認する

 

「フットケア(足病変の観察~爪切り)」の実施手順

(1)爪切りを行うことを患者さんに説明する

 

(2)ケア前にエプロン・グローブ・マスクを装着し、患者さんの足の下に、処置用シーツを引く

 

ポイント

ケア時の看護者の姿勢は患者さんの対面に位置し、自分が移動しながらケアする
患者さんの足部は、やや底屈位で安定させる

 

(3)消毒綿で、指と皮膚との間にたまった角質(あか)を取り除く。お湯に濡らしたガーゼもしくは消毒綿で爪を丁寧に拭く

 

(4)利き手ではない手で、切る爪の趾間を広げ趾を固定する

 


(5)刃先1/3を使用して少しずつカットしていく

 


(6)爪の長さは足趾の先端に平らな物をあてた時わずかに触れない程度にする

 

(7)爪はまっすぐにカット(スクエアカット)し、両端を角の部分をごくわずかだけ切り落とす(スクエアオフ)

 

(8)爪を切ったら断面がなめらかになるようにやすりをかける

ポイント

爪やすりは、削る指に対して直角に当てて使用する
爪の左右両端から爪の中央に向かって一方向に削る(往復がけはしない)

 

(9)手で患者さんの爪先をなでるように触りながら、ひっかかるところがないかを確認する

 

(10)やすり掛けででた爪の粉は濡れガーゼで拭き取る

 

(11)最後に、患者さんへ爪切りが終了したことを伝える

 


【引用・参考文献】

(1)宮地義明、真田弘美、大江真琴(編集):最新版 ナースのための糖尿病フットケア技術,メディカルビュー,東京,2014.
(2)日本糖尿病教育・看護学会(編):糖尿病看護フットケア技術 第3版,日本看護協会出版会,東京,2013.
(3)日本フットケア学会(編):はじめよう!フットケア 第3版,日本看護協会出版会,東京,2013.
(4)瀬戸奈津子(編集):カラー写真とDVD動画であなたもアセスメント名人! 糖尿病フットケア完全マスター,メディカ出版,大阪,2009.
(5)中西健史(著):はじめてのシリーズ はじめてのフットケア,メディカ出版,大阪,2012.
(6)羽蔵稜子(編)他:ナースがおこなう糖尿病フットケア,南江堂,東京,2006.

関連記事

いちおし記事

祝☆書籍発売!ぴんとこなーすができたわけ

「看護はつらいよ楽しいよ」魅力伝えるマンガを描くに至った想いとは? [ 記事を読む ]

熱中症のケア

熱中症の重症度は3段階。各症状に応じた対応をまとめした。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

忘れられない患者さん、いますか?

投票数:
896
実施期間:
2018年06月26日 2018年07月24日

実録! わたしの周りの「浜田師長」

投票数:
813
実施期間:
2018年06月29日 2018年07月27日

洒落にならないほど怖い心霊体験ありますか…? 

投票数:
803
実施期間:
2018年07月03日 2018年07月31日

看護師は見た! 院内恋愛の修羅場事情

投票数:
757
実施期間:
2018年07月06日 2018年08月03日

新人ナース限定!誰にも言えない「甘え」や「弱音」抱えてない?

投票数:
617
実施期間:
2018年07月10日 2018年08月07日

落ち込んだ心を救ってくれたあの人の一言

投票数:
679
実施期間:
2018年07月17日 2018年08月14日

新人ナースのICU配属 アリ?ナシ?

投票数:
656
実施期間:
2018年07月13日 2018年08月14日

「師長自慢」ありますか?

投票数:
476
実施期間:
2018年07月20日 2018年08月17日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者620

30歳男性のAさんは、昨日から咳嗽と鼻汁があり、午前中に近医で風邪薬を処方されて帰宅しました。昼食後、処方薬を内服後に全身の発疹と呼吸困難が出現したため、救急搬送となりました。下図のデータから、Aさんはショック状態に陥っていると思われますが、以下のうち、どのショック分類に当てはまるでしょうか?

  • 1.循環血液量減少性ショック
  • 2.心原性ショック
  • 3.心外閉塞・拘束性ショック
  • 4.血液分布異常性ショック
今日のクイズに挑戦!