1. 動画でわかる!看護技術>
  2. フットケア> フットケア(足病変の観察~爪切り)

2016年04月18日

フットケア(足病変の観察~爪切り)


【監修】

中島恵美子(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 教授)

 

【執筆】

量 倫子 (杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 講師)

監修者・執筆者・監修大学についての詳細

 

「フットケア(足病変の観察~爪切り)」の目的

糖尿病患者さんは末梢血管障害、神経障害があると足病変を合併しやすく、感染を契機に急速に足病変が進展しやすいため、足病変の予防と早期発見のために観察を行う
が伸びていたり、巻き爪などの爪の変形があると、周囲の組織や隣の足趾、爪床を圧迫し、足病変のリスクが高まるため、正しく爪を切ることによって足病変を予防する

 

「フットケア(足病変の観察~爪切り)」の禁忌

●足病変の観察をおこなう上での禁忌はないが、爪切りは重度の足病変がすでに生じている場合は、専門の医師に任せる

 

「フットケア(足病変の観察~爪切り)」の必要物品

  • 処置用シーツ
  • プラスティックエプロン
  • ビニール袋
  • マスク
  • 手袋
  • 爪やすり
  • 爪切り
  • ニッパー
  • 鑷子(消毒綿球を使用する場合)
  • 固定用テープ
  • 消毒綿(アルコール綿)
  • 膿盆
  • ガーゼ

 

「フットケア(足病変の観察~爪切り)」の準備

(1)患者さんに足の観察をし、爪切りをすることを伝え、靴と靴下を脱いで、臥位をとってもらう

 

(2)看護師は手を事前に温めておく

 

(3)足にしびれや疼痛、掻痒感、違和感、冷感などがないかを確認する

 

(4)足底を観察する。趾の形状、外反母趾や内反小趾、クロウトゥ(鷲爪)やハンマートゥ(槌爪)、足底のアーチの形状、特に扁平足などの有無を見る

 

(5)足背を観察する。手で足底を触りながら皮膚の温度や胼胝、鶏眼などがないか、乾燥や亀裂がないか確認する

 

(6)趾間を観察し、皮膚の剥離・白癬(はくせん)の有無を確認する

 

(7)動脈を触知し、血液の状態を確認する

 

「フットケア(足病変の観察~爪切り)」の実施手順

(1)爪切りを行うことを患者さんに説明する

 

(2)ケア前にエプロン・グローブ・マスクを装着し、患者さんの足の下に、処置用シーツを引く

 

ポイント

ケア時の看護者の姿勢は患者さんの対面に位置し、自分が移動しながらケアする
患者さんの足部は、やや底屈位で安定させる

 

(3)消毒綿で、指と皮膚との間にたまった角質(あか)を取り除く。お湯に濡らしたガーゼもしくは消毒綿で爪を丁寧に拭く

 

(4)利き手ではない手で、切る爪の趾間を広げ趾を固定する

 


(5)刃先1/3を使用して少しずつカットしていく

 


(6)爪の長さは足趾の先端に平らな物をあてた時わずかに触れない程度にする

 

(7)爪はまっすぐにカット(スクエアカット)し、両端を角の部分をごくわずかだけ切り落とす(スクエアオフ)

 

(8)爪を切ったら断面がなめらかになるようにやすりをかける

ポイント

爪やすりは、削る指に対して直角に当てて使用する
爪の左右両端から爪の中央に向かって一方向に削る(往復がけはしない)

 

(9)手で患者さんの爪先をなでるように触りながら、ひっかかるところがないかを確認する

 

(10)やすり掛けででた爪の粉は濡れガーゼで拭き取る

 

(11)最後に、患者さんへ爪切りが終了したことを伝える

 


【引用・参考文献】

(1)宮地義明、真田弘美、大江真琴(編集):最新版 ナースのための糖尿病フットケア技術,メディカルビュー,東京,2014.
(2)日本糖尿病教育・看護学会(編):糖尿病看護フットケア技術 第3版,日本看護協会出版会,東京,2013.
(3)日本フットケア学会(編):はじめよう!フットケア 第3版,日本看護協会出版会,東京,2013.
(4)瀬戸奈津子(編集):カラー写真とDVD動画であなたもアセスメント名人! 糖尿病フットケア完全マスター,メディカ出版,大阪,2009.
(5)中西健史(著):はじめてのシリーズ はじめてのフットケア,メディカ出版,大阪,2012.
(6)羽蔵稜子(編)他:ナースがおこなう糖尿病フットケア,南江堂,東京,2006.

関連記事

  • ラップ療法の基本手技 [11/25up]

    『WOC Nursing』2014年1月号<ここまで治る!ラップ療法のすべて>より抜粋。 ラップ療法の基本手技について解説します。   Point ラップ療法の基本を理解し,適応,不適応を判断できる ... [ 記事を読む ]

  • 在宅でのラップ療法 [03/25up]

    『WOC Nursing』2014年1月号<ここまで治る!ラップ療法のすべて―ラップ療法の基本と応用から不適応事例まで―>より抜粋。 在宅でのラップ療法について解説します。 Point 在宅における褥瘡管理の... [ 記事を読む ]

  • 創傷治癒と湿潤環境理論 [02/02up]

    『WOC Nursing』2015年10月号<褥瘡患者のQOL向上を目指したドレッシング材の活用>より抜粋。 創傷治癒と湿潤環境理論について解説します。   Point 湿潤環境理論がわかる wou... [ 記事を読む ]

  • 褥瘡に関するQ&A [04/09up]

    『看護のための症状Q&Aガイドブック』より転載。 今回は「褥瘡」に関するQ&Aです。 岡田 忍 千葉大学大学院看護学研究科教授   〈褥瘡に関連する症状〉   〈目次〉 1.... [ 記事を読む ]

  • 陰圧閉鎖療法と感染管理 [05/23up]

    『WOCNursing』2015年9月号<創傷と細菌感染を考える~細菌感染を考慮した創傷管理~>より抜粋。 陰圧閉鎖療法と感染管理について解説します。   Point 陰圧閉鎖療法の特徴を理解する ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1377
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1275
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1122
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1099
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
972
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
804
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1649

◆移乗時の問題◆手術が終了した患者さんを手術台からストレッチャーに移乗させる際のライン類の扱いで正しいものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.スタッフが各自でドレーンや点滴を確認して移乗させる。
  • 2.患者さんが麻酔から十分に覚醒していない場合は、ストレッチャーへ移乗させてからドレーン類を整理する。
  • 3.術後は術者や看護師がラインを確認しているため、移乗時にはラインのたるみがないよう、ライン類が伸展してしっかり固定してあるかの確認をする。
  • 4.患者さんに挿入されているライン類はたるみや引っ掛かりがないかを移乗前に確認し、スタッフで共有してからリーダーの声掛けで移乗させる。
今日のクイズに挑戦!