2016年04月18日

食事援助


【監修】

山本君子(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 教授)

 

【執筆】

佐藤智子(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 講師)

監修者・執筆者・監修大学についての詳細

 

「食事介助」の目的

●患者さんに、ベッド上で、安全かつ安楽に食事を摂取してもらえるように介助を行う

 

「食事介助」の適応

●経口摂取が可能であるが、ベッド上安静の指示が出ている患者が適応となる

 

「食事介助」の禁忌

●検査・処置などのための食止め、または経管栄養法を用いているなど、経口摂取による食事の指示が出ていない患者には禁忌である
誤嚥のリスクが高く、専門職による特別な監視や介助が必要となる患者の場合は、介助してよいかどうか確認が必要となる

 

「食事介助」の必要物品

  • ティッシュペーパー
  • 体位調整用の安楽枕(必要時)
  • 看護師用エプロン
  • スプーン
  • ストロー
  • おしぼり
  • タオル
  • 食事療法の指示書

 

「食事介助」の実施手順

(1)食事療法の指示書から方法・時間などを確認する

 

(2)患者さんの体調と食欲を確認する

 

(3)不要な物を片付け、換気や照明・空調の調節を行う

 

(4)上半身を起こし、前屈させた姿勢にする

 

(5)頭部の挙上(30~60度)・枕の使用などで調節する

 

(6)襟元にタオル・ナプキンなどをかける

 

(7)食膳などを使いやすい位置に配置する

 

(8)食事介助前に、患者さんと一緒に献立を確認する

 

(9)最初に、水分を一口飲んでもらう

 

(10)飲み込みやすい量の食物を口に運ぶ

 

(11)食べるペースなどを観察し、次の一口を入れる

 

(12)水分を食事中・食後に飲んでもらう

 

(13)食後に食物残渣がないことを確認する

 

(14)おしぼりで手を拭いてもらい、下膳する

 

(15)食後の体調・食事への満足度・疲労感などを観察する

 

(16)30分程度、上半身を起こして過ごしてもらうよう伝える

 

(7)食事量・水分摂取量・食事動作などカルテに記録する

 

(8)最後に、患者さんの体位や寝具を整える

 


【引用・参考文献】

なし

関連記事

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1376
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1274
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1121
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1098
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
969
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
797
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1191

◆移乗時の問題◆手術が終了した患者さんを手術台からストレッチャーに移乗させる際のライン類の扱いで正しいものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.スタッフが各自でドレーンや点滴を確認して移乗させる。
  • 2.患者さんが麻酔から十分に覚醒していない場合は、ストレッチャーへ移乗させてからドレーン類を整理する。
  • 3.術後は術者や看護師がラインを確認しているため、移乗時にはラインのたるみがないよう、ライン類が伸展してしっかり固定してあるかの確認をする。
  • 4.患者さんに挿入されているライン類はたるみや引っ掛かりがないかを移乗前に確認し、スタッフで共有してからリーダーの声掛けで移乗させる。
今日のクイズに挑戦!