1. 動画でわかる!看護技術>
  2. インスリン> インスリン製剤の種類・用法・副作用の観察

2016年04月18日

インスリン製剤の種類・用法・副作用の観察


【監修】

中島恵美子(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 教授)

 

【執筆】

百々典子 (杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 助教)

監修者・執筆者・監修大学についての詳細

 

インスリン製剤の種類

インスリン製剤の種類は、薬効により「超速効型」「速効型」「中間型」「混合型」「特攻型」がある

 

インスリン製剤の注入器の形態

・インスリンカートリッジ製剤をセットして使用するペン型注入器

・あらかじめインスリン製剤がセットされた使い捨てのペン型注入器

などがある

 

インスリンの分泌の種類

基礎分泌…基本的に24時間一定の分泌

追加分泌…食事によって変化する分泌

 

インスリンの単位

mLmgではなく単位という表現で用量を示す

 

インスリン療法中に最も高頻度に見られる副作用

もっとも見られるのは低血糖である

【原因】

・インスリンの過剰投与

・食事の不足や遅れ

・運動の過剰

・アルコールの多飲

 

低血糖が疑われた場合の看護師の対応

低血糖を疑う何らかの症状があれば、ただちに簡易血糖測定器で血糖測定を行う

(患者さんに意識障害があれば、高血糖による昏睡と低血糖の鑑別が必要になり血糖測定が重要になる)

【対処法】

●患者さんの意識障害の有無によって、経口で糖質を摂取させるか、医師の指示によりブドウ糖液の静脈注射またはグルカゴンの筋肉注射を行う

●経口摂取ができる場合は、角砂糖5個程度のブドウ糖を水と共に摂取してもらう

●ブドウ糖がない場合、倍量の砂糖(角砂糖5個程度)やジュース(低カロリー、100%果汁は避ける)を摂取してもらう

●摂取後15分経過を見て、症状が改善しなければ、繰り返し、炭水化物80~160kcal相当を摂取してもらう

●症状がおさまっても再び血糖値が低下する可能性があるので、食事前であれば食事をとる

次の食事時間まで1時間以上ある場合、米飯パンクラッカーなどの炭水化物を80~160kcal相当を摂取してもらう

 


【引用・参考文献】

(1)朝倉俊成(著):薬と注入器の特徴・選び方のコツがまるわかり! インスリン・インクレチン関連薬の自己注射くすりとデバイスQ&A,69,メディカ出版,東京,2013
(2)日本糖尿病療養指導士認定機構編(編著):糖尿病療養指導ガイドブック2015.p73,メディカルビュー社,東京,2015
(3)荒木栄一(編集主幹):最新インスリン療法 改訂第2版 ヴィジュアル糖尿病臨床のすべて.p24,中山書店,東京,2015
(4)引用文献(2)p75
(5)引用文献(3)p72
(6)林 道夫(監修):糖尿病まるわかりガイド 病態・治療・血糖パターンマネジメント,学研メディカル秀潤社,東京,2014
(7)引用文献(2)p150
(8)引用文献(2)p151
(9)引用文献(1)p28

 

【写真協力】

サノフィ株式会社

関連記事

いちおし記事

夢は医者と結婚!?猛禽ナース現る!

無職の旦那に代わって働くもも子。そんな中、イケメン研修医と彼を狙う猛禽ナースが現れて… [ 記事を読む ]

熱中症のケア

熱中症の重症度は3段階。各症状に応じた対応をまとめした。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

忘れられない患者さん、いますか?

投票数:
853
実施期間:
2018年06月26日 2018年07月24日

実録! わたしの周りの「浜田師長」

投票数:
781
実施期間:
2018年06月29日 2018年07月27日

洒落にならないほど怖い心霊体験ありますか…? 

投票数:
767
実施期間:
2018年07月03日 2018年07月31日

看護師は見た! 院内恋愛の修羅場事情

投票数:
707
実施期間:
2018年07月06日 2018年08月03日

新人ナース限定!誰にも言えない「甘え」や「弱音」抱えてない?

投票数:
564
実施期間:
2018年07月10日 2018年08月07日

落ち込んだ心を救ってくれたあの人の一言

投票数:
441
実施期間:
2018年07月17日 2018年08月14日

新人ナースのICU配属 アリ?ナシ?

投票数:
562
実施期間:
2018年07月13日 2018年08月14日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4106

以下の選択肢は、認知症のある入院患者さんへの対応について説明したものです。治療環境の視点から、最も正しいものはどれでしょうか?

  • 1.自宅では薬カレンダーを使用して内服の自己管理をしていたが、入院となったので看護師管理とした。
  • 2.点滴を抜去してしまうので、両手を抑制した。
  • 3.膀胱留置カテーテル管理中だが、尿意を訴えるので「おしっこは管が入っていますからトイレには行かないようにしてください」と説明だけした。
  • 4.治療上、医師よりベッド上で安静の指示があった。長時間の臥床になるため、適宜、体位を調節するようにした。
今日のクイズに挑戦!