1. 動画でわかる!看護技術>
  2. インスリン> インスリン⾃⼰注射の指導

2016年04月18日

インスリン自己注射の指導


【監修】

中島恵美子(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 教授)

 

【執筆】

百々典子(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 助教)

監修者・執筆者・監修大学についての詳細

 

「インスリン自己注射指導」の目的

●患者さんや家族が日常生活の中で安全・確実にインスリン療法を実施できるために行う

●指導は自己注射の導入時だけではなく、患者さんが継続して安全に自己注射が行えるように定期的に介入していく必要がある

 

「インスリン自己注射指導」の適応

●インスリン依存状態にある1型糖尿病患者さんは絶対的適応

●2型糖尿病患者さんへの投与は、薬事療法・運動療法や内服薬治療を行っても高血糖状態が続き、血糖コントロールが不良な場合に行う

●インスリンの自己注射の実施には、患者さんに視力の問題がなく、手指に麻痺や変形、疼痛や痺れ、握力低下などがなく、認知機能に問題がないことが必要となる

●視力や身体機能の問題を補助具などで補えない場合や認知機能に問題がある場合は、家族(または、それに代わる介助者)に注射をしてもらう場合がある

 

「インスリン自己注射指導」の禁忌

●患者さんのインスリン療法や自己注射に対する心理的な抵抗がとても強い場合、指導することを控える

 

「インスリン自己注射指導」の必要物品

  • 針捨て容器
  • 手袋
  • 注射指示書
  • アルコール綿
  • 測定用チップ
  • 注射薬専用の注射針
  • 穿刺針
  • 穿刺用具
  • 注射入りペン型容器・注射薬(医師より指示された薬剤、単位数)
  • 簡易血糖値測定器
  • 糖尿病の自己管理ノート

 

「インスリン自己注射指導」の準備

(1)患者さんにインスリン自己注射の目的・方法を説明し、同意を得る

 

(2)実施前に、患者さんに手洗いをしてもらう

 

(3)使用する薬剤や必要物品を見せながら説明する

 

●患者さんに説明する項目

  • 血糖値の測定方法
  • インスリン製剤の製品名
  • 単位数
  • 注射時間

 

(4)カートリッジのゴム栓にまっすぐ取り付ける

 

(5)針先からインスリンが出てくることを確認する

 

(6)注射前に血糖値を測定する

 

 

(7)測定値を自己管理ノートに記載する

 

(8)医師の指示通りの単位数に合わせる

 

「インスリン自己注射指導」の実施手順

(1)注射部位をアルコール綿で消毒する

 

(2)注射部位を選ぶ。吸収がいちばん安定する腹壁とする

 

(3)ペン型注射器の注入ボタンを拇指で押せるように握り、単位設定のダイアル表示が見えるようにする

 

(4)注射部位に注射針を垂直に刺す

 

(5)注入ボタンを単位設定ダイアルがゼロになるまで押す

 

(6)注入器ごとに決められた秒数以上を数える

 

(7)注入ボタンを押したまま針を抜く

 

(8)注射部位は揉まず、アルコール綿で押さえる

 

注射部位を揉まない理由

●注射部位を揉むと吸収が早まり低血糖を起こす場合があるため、軽く押さえる

 

「インスリン自己注射指導」の実施後手順

(1)針ケースをかぶせ、注射針を引き抜き、廃棄する

 

(2)患者さんに自己注射の一連の流れをフィードバックしてもらう


【引用・参考文献】

(1)朝倉俊成(著):薬と注入器の特徴・選び方のコツがまるわかり! インスリン・インクレチン関連薬の自己注射くすりとデバイスQ&A,69,メディカ出版,東京,2013.
(2)日本糖尿病学会(編著):糖尿病治療ガイド2014-2015,文光堂,東京,2014.
(3)林 道夫(監修):糖尿病まるわかりガイド 病態・治療・血糖パターンマネジメント,学研メディカル秀潤社,東京,2014.

関連記事

いちおし記事

産婦人科(産科・婦人科)看護師のお仕事とは?

産科にも看護師ならではのやりがいがたくさん!現場のリアルな声をご紹介します。 [ 記事を読む ]

閉鎖式気管吸引と開放式気管吸引、違いは何?

ポイントは、「吸引時に待機に開放するかどうか」です。 [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

人生の最期に食べたいものは?

投票数:
821
実施期間:
2018年01月02日 2018年01月23日

これは面白いと思う、医療がテーマの小説は?

投票数:
904
実施期間:
2018年01月05日 2018年01月26日

経口で摂取する栄養剤、食べた(or飲んだ)ことある?

投票数:
708
実施期間:
2018年01月09日 2018年01月30日

鎮痛薬・胃腸薬、常備してる?

投票数:
675
実施期間:
2018年01月12日 2018年02月02日

後輩にオススメしたい看護がテーマの書籍は?

投票数:
485
実施期間:
2018年01月16日 2018年02月06日

カーディガンの色、どれが好き?

投票数:
422
実施期間:
2018年01月19日 2018年02月09日

看護師へのタスク・シフティング、「もうやってるよ!」な業務は?

投票数:
863
実施期間:
2018年01月19日 2018年02月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5436

92歳の男性患者Aさんは誤嚥性肺炎で入院中です。全身の掻痒感が強く、ステロイド入り軟膏が処方されました。その後、Aさんの手掌は肥厚し、白く乾燥が強くなったため、疥癬を疑い、皮膚の顕微鏡検査にて角化型疥癬と診断されました。胸部には、掻痒感が強かったことによる掻き傷が数カ所に見受けられ、疥癬トンネルも確認されました。この後看護師が行う対応で、最も適切なものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.同室患者さんの皮膚状態を観察し、同室者全員への疥癬治療を検討する。
  • 2.Aさんの隔離は、皮膚症状が改善した時点で解除する。
  • 3.病室の清掃は落屑が飛び散らないよう、掃除機のみで行う。
  • 4. Aさんを隔離する場合、隔離後の寝具交換は、隔離前と同じタイミングで良い。
今日のクイズに挑戦!