2016年04月18日

薬剤の管理方法


【監修】

山本君子(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 教授)

 

【執筆】

加治美幸 (杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 講師)

監修者・執筆者・監修大学についての詳細

 

「薬剤の管理方法」の注意点

薬剤を安全に投与するために、薬剤は適切な温度や状態で管理する必要がある

薬剤の保管方法を誤ると、有効成分が分解・変質することがあるため、注意が必要

薬剤は種類によって保存温度や保存方法が異なるため、取扱いに注意が必要

 

「薬剤の管理方法」手順

(1)薬剤の医薬品添付文書の貯法を確認する

 

(2)医薬品の容器・外箱の使用期限を確認する

 

(3)外観上の異常・変化がないか確認する

 

(4)薬剤の貯法に従い、薬剤を適切に管理する

 

タイプ別 薬剤の管理方法

注意すべきタイプはおもに3つ

  • 温度管理が必要な薬剤
  • 遮光管理が必要な薬剤
  • 湿度管理が必要な薬剤

 

■温度管理が必要な薬剤の最適保存温度

温度管理が必要な薬剤は、指定された温度で管理する

  • 標準温度保存:20℃
  • 常温保存:15~25℃
  • 室温保存:1~30℃
  • 微温保存:30~40℃
  • 冷所保存:1~15℃(特に指定のない場合)

 

●坐薬の保管方法

冷所(1~15℃)で保管する


※注意事項※

室温が高いと基材の油脂が軟化し、形状が変わってしまう場合あり

 

●インスリンの保管方法

冷所(1~15℃)で保管する


※注意事項※

長時間、高温に放置した場合、蛋白質が変性してしまうため、インスリンは冷所で保存するように徹底する

 

●ワクチンの保存方法

添付文章を確認のうえ、冷所(1~15℃)で保存


※注意事項※

保管温度を逸脱すると、有効性・安全性に影響が出る

 

■遮光管理が必要な薬剤・保管方法

遮光包装・褐色の遮光容器に充填して保管する。保管だけでなく調整時・与薬時も遮光が必要

 

●ビタミン剤の保存方法

遮光で保管する

 

※注意事項※

ビタミンは光で死活するため、輸液配合後も遮光カバーがされているか確認する

 

■湿度管理が必要な薬剤・保管方法

気密容器・密封容器に入れて保存

 


【引用・参考文献】

(1)厚生労働省:第十六改正日本薬局方(平成23年3月24日厚生労働省告示第65号)(2016/01/26アクセス)
(2)浦部晶夫 他 (編集):今日の治療薬 解説と便覧 2015,南江堂,東京,2015:452.
(3)小林優子 他(執筆):看護学講座 専門分野Ⅰ 基礎看護技術Ⅱ 基礎看護学③,医学書院,東京,2013:276-277.
(4)五味田裕(監修):臨床場面でわかる!くすりの知識,南江堂,東京,2013:154-208.

関連記事

いちおし記事

患者さんから“深い話”を打ち明けられたとき…。あなたならどう受け止める?

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(12) [ 記事を読む ]

点滴静脈内注射が血管外に漏れたら、どうなるの?

どんな症状が起こるか、どう対応すればよいか解説!観察ポイントがひと目でわかるイラストも紹介! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院でお正月にちなんだ特別なことをした?

投票数:
1458
実施期間:
2020年01月03日 2020年01月24日

2020年の抱負教えて!

投票数:
1344
実施期間:
2020年01月07日 2020年01月28日

インフルエンザにかかったら、有休?欠勤?

投票数:
1271
実施期間:
2020年01月10日 2020年01月31日

あなたの病院で成功した画期的な「働き方改革」はある?

投票数:
1196
実施期間:
2020年01月12日 2020年02月02日

実録!? 私はこう太った!!!!

投票数:
1161
実施期間:
2020年01月14日 2020年02月04日

チェックしてる「勉強垢」ってある?

投票数:
656
実施期間:
2020年01月17日 2020年02月07日

あなたが作り出した「自分史上最低の料理」は?

投票数:
507
実施期間:
2020年01月21日 2020年02月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1917

◆がん看護の問題◆Cさんは40歳代の営業職の仕事を行っている男性です。非小細胞肺がんと診断され、「今後も仕事を継続しながら治療を行いたい」と話しています。
Cさんの治療は、抗がん剤であるビノレルビン酒石酸塩+シスプラチン療法を行うことになりました。
今後、骨髄抑制の副作用が予測されるCさんに対してどのような説明が必要でしょうか?

  • 1.抗がん剤投与から1週間は特に貧血に注意して生活をしてもらう。
  • 2.治療期間中は感染を防ぐため、仕事を控えるように説明する。
  • 3.血小板の減少は抗がん剤投与後3週間程度で起こるが、その時期は、自分で気づきにくい内出血に注意するよう説明する。
  • 4.白血球は抗がん剤投与後7~14日程度で最低値となるため、特にこの期間は感染に注意が必要である。
今日のクイズに挑戦!