2016年04月18日

薬剤の管理方法


【監修】

山本君子(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 教授)

 

【執筆】

加治美幸 (杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 講師)

監修者・執筆者・監修大学についての詳細

 

「薬剤の管理方法」の注意点

薬剤を安全に投与するために、薬剤は適切な温度や状態で管理する必要がある

薬剤の保管方法を誤ると、有効成分が分解・変質することがあるため、注意が必要

薬剤は種類によって保存温度や保存方法が異なるため、取扱いに注意が必要

 

「薬剤の管理方法」手順

(1)薬剤の医薬品添付文書の貯法を確認する

 

(2)医薬品の容器・外箱の使用期限を確認する

 

(3)外観上の異常・変化がないか確認する

 

(4)薬剤の貯法に従い、薬剤を適切に管理する

 

タイプ別 薬剤の管理方法

注意すべきタイプはおもに3つ

  • 温度管理が必要な薬剤
  • 遮光管理が必要な薬剤
  • 湿度管理が必要な薬剤

 

■温度管理が必要な薬剤の最適保存温度

温度管理が必要な薬剤は、指定された温度で管理する

  • 標準温度保存:20℃
  • 常温保存:15~25℃
  • 室温保存:1~30℃
  • 微温保存:30~40℃
  • 冷所保存:1~15℃(特に指定のない場合)

 

●坐薬の保管方法

冷所(1~15℃)で保管する


※注意事項※

室温が高いと基材の油脂が軟化し、形状が変わってしまう場合あり

 

●インスリンの保管方法

冷所(1~15℃)で保管する


※注意事項※

長時間、高温に放置した場合、蛋白質が変性してしまうため、インスリンは冷所で保存するように徹底する

 

●ワクチンの保存方法

添付文章を確認のうえ、冷所(1~15℃)で保存


※注意事項※

保管温度を逸脱すると、有効性・安全性に影響が出る

 

■遮光管理が必要な薬剤・保管方法

遮光包装・褐色の遮光容器に充填して保管する。保管だけでなく調整時・与薬時も遮光が必要

 

●ビタミン剤の保存方法

遮光で保管する

 

※注意事項※

ビタミンは光で死活するため、輸液配合後も遮光カバーがされているか確認する

 

■湿度管理が必要な薬剤・保管方法

気密容器・密封容器に入れて保存

 


【引用・参考文献】

(1)厚生労働省:第十六改正日本薬局方(平成23年3月24日厚生労働省告示第65号)(2016/01/26アクセス)
(2)浦部晶夫 他 (編集):今日の治療薬 解説と便覧 2015,南江堂,東京,2015:452.
(3)小林優子 他(執筆):看護学講座 専門分野Ⅰ 基礎看護技術Ⅱ 基礎看護学③,医学書院,東京,2013:276-277.
(4)五味田裕(監修):臨床場面でわかる!くすりの知識,南江堂,東京,2013:154-208.

関連記事

いちおし記事

祝☆書籍発売!ぴんとこなーすができたわけ

「看護はつらいよ楽しいよ」魅力伝えるマンガを描くに至った想いとは? [ 記事を読む ]

熱中症のケア

熱中症の重症度は3段階。各症状に応じた対応をまとめした。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

忘れられない患者さん、いますか?

投票数:
896
実施期間:
2018年06月26日 2018年07月24日

実録! わたしの周りの「浜田師長」

投票数:
813
実施期間:
2018年06月29日 2018年07月27日

洒落にならないほど怖い心霊体験ありますか…? 

投票数:
803
実施期間:
2018年07月03日 2018年07月31日

看護師は見た! 院内恋愛の修羅場事情

投票数:
757
実施期間:
2018年07月06日 2018年08月03日

新人ナース限定!誰にも言えない「甘え」や「弱音」抱えてない?

投票数:
617
実施期間:
2018年07月10日 2018年08月07日

落ち込んだ心を救ってくれたあの人の一言

投票数:
679
実施期間:
2018年07月17日 2018年08月14日

新人ナースのICU配属 アリ?ナシ?

投票数:
656
実施期間:
2018年07月13日 2018年08月14日

「師長自慢」ありますか?

投票数:
476
実施期間:
2018年07月20日 2018年08月17日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者620

30歳男性のAさんは、昨日から咳嗽と鼻汁があり、午前中に近医で風邪薬を処方されて帰宅しました。昼食後、処方薬を内服後に全身の発疹と呼吸困難が出現したため、救急搬送となりました。下図のデータから、Aさんはショック状態に陥っていると思われますが、以下のうち、どのショック分類に当てはまるでしょうか?

  • 1.循環血液量減少性ショック
  • 2.心原性ショック
  • 3.心外閉塞・拘束性ショック
  • 4.血液分布異常性ショック
今日のクイズに挑戦!