1. 動画でわかる!看護技術>
  2. 薬剤管理> 麻薬の投与中の観察

2016年04月18日

麻薬の投与中の観察


【監修】

山本君子(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 教授)

 

【執筆】

市川砂織(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 助教)

監修者・執筆者・監修大学についての詳細

 

「麻薬投与中の観察」の目的

●痛みの評価ができ、患者が疼痛なくすごせるよう支援すること
●オピオイドの副作用対策ができ、疼痛コントロールによるQOL低下や服薬アドヒアランスの低下を防ぐことができる

 

麻薬投与中の観察の種類

●痛みの評価

●副作用の観察

 

痛みの評価(3種類)

  • 痛みの強さ
  • 痛みの性質
  • 痛みの影響

 

患者さんと医療者が痛みの強さを共有する重要なリソースとして、疼痛評価スケールがある。

  • 【A】数値評価スケール:NRS(Numeric Rating Scale)
  • 【B】視覚的評価スケール:VAS(Visual Analog Scale)
  • 【C】カテゴリースケール:VRS(Verbal Rating Scale)
  • 【D】フェイススケール

 

【A】数値評価スケール施用する場合、痛みの強さを0から10までの11段階で評価する

 

■患者さんへの確認方法

  • いちばん強いときの痛み
  • いちばん弱いときの痛み
  • 1日の平均の痛み
  • 安静時の痛み
  • 体動時の痛み

 

患者さんには、「想像できる最大の痛みを10として考えてみてください」と尋ねる

 

痛みの性質

痛みの性質の評価も重要になる。下記のようなことを患者さんに尋ねる

  • 痛みの部位
  • どのような痛みか
  • 痛みの性質
  • 痛みの影響

 

痛みの原因について

がん患者さんの体験する痛みの意味は以下の4つに分類される

  • がん自体が直接の原因となる痛み
  • がんに関連した原因による痛み
  • がん治療に関連して起こる痛み
  • がん以外の疾患による痛み 

 

【がんの痛みについてポイント】

●がん患者が痛みを訴えたときに、すぐにがん自体による痛みと思い込まず、痛みの原因は何かをアセスメントすることが大切

●患者さんが表現する痛みから、痛みの原因をアセスメントすることで、患者さんが適切な治療を受けられることへつながる

●痛みには1日の大半を占める持続痛と、一過性の痛みの増強である突出痛に分けられる

 

痛みの影響について

痛みの影響では、痛みにより日常生活にどの程度影響をきたしているのかを確認する。数値的な変化だけでなく、患者さんの生活に焦点をあて、総合的に評価することが大切

 

日常生活への影響は、WHO方式がん疼痛治療法で挙げられている3段階の除痛目標に沿って評価する

  • 第1目標:痛みでの夜間の睡眠が妨げられない
  • 第2目標:安静時の痛みの消失
  • 第3目標:体動時の痛みの消失

 

副作用の観察について

副作用の観察は極めて重要。副作用を見逃し、オピオイドの副作用対策が不十分になると、患者さんのQOL低下や、オピオイド鎮痛薬の継続困難という問題が生じる

 


【引用・参考文献】

(1)的場元弘,加賀谷肇(監修): Q&Aでわかる がん疼痛緩和ケア.じほう,東京,2014.
(2)日本緩和医療学会(編集):がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン 2014年度版.金原出版,東京,2014.
(3)的場元弘(著):がん疼痛治療レシピ.10,春秋社,東京,2007.
(4)山下めぐみ(著):痛みの程度を知る.がん看護. 15(2),106-109,南江堂,東京,2010.
(5)須藤由香里(著):オピオイドの副作用と対策. 15(2), 190-195,南江堂,東京,2010.

関連記事

いちおし記事

看護師を選んだ理由がわからなくなった…

モヤモヤを抱えた看護師さんや受験生のみなさん必見です! [ 記事を読む ]

肺炎ってどんな病気?

【ケア】酸素消費量とエネルギーの消費量を最小限に抑えることがポイントです。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたの中の「失言大賞」教えてください

投票数:
1186
実施期間:
2018年12月28日 2019年01月18日

お年玉、何歳までもらってた?

投票数:
1221
実施期間:
2019年01月01日 2019年01月22日

2019年に「がんばりたいこと」は何ですか?

投票数:
1139
実施期間:
2019年01月04日 2019年01月25日

同期との差感じたことあった?

投票数:
1029
実施期間:
2019年01月08日 2019年01月29日

成人式、参加した?

投票数:
1066
実施期間:
2019年01月11日 2019年02月01日

我が家独特の食事メニューある?

投票数:
769
実施期間:
2019年01月15日 2019年02月05日

薬剤のミキシングのとき、手袋はする?しない?

投票数:
172
実施期間:
2019年01月18日 2019年02月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1192

肝臓部分切除術を受けた55歳男性。術中に出血が1,600mLあり、RBC-LR4単位の輸血が投与されました。既往歴は高血圧。術後5時間後、急に呼吸困難を訴えました。バイタルサインは下図のとおりです。この症例で最も疑うべき輸血の副作用は、以下のうちどれでしょうか?

  • 1.輸血関連急性肺障害(TRALI)
  • 2.輸血関連循環過負荷(TACO)
  • 3.アレルギー反応
  • 4.発熱性非溶血性輸血副作用
今日のクイズに挑戦!