1. 動画でわかる!看護技術>
  2. 薬剤管理> 麻薬投与管理(持続皮下注射)

2016年04月18日

麻薬投与管理(持続皮下注射)


【監修】

山本君子(杏林大学保健学部看護学科 教授)

 

【執筆】

市川砂織(杏林大学保健学部看護学科 助教)

監修者・執筆者・監修大学についての詳細

 

「麻薬投与管理(持続皮下注射)」の目的

●持続皮下注射による麻薬投与が安全、確実に実施される
●持続皮下注射による合併症の早期発見、予防ができる
●PCA(Patient-Contolled-Analgesia:患者自己調節鎮痛)による疼痛コントロールのモニタリングができる

 

「麻薬投与管理(持続皮下注射)」の適応

●内服が困難な患者さん
●身体的な理由等で坐剤の使用が困難な患者さん
●疼痛の急激な増悪により、早期に除痛が必要な患者さん

 

「麻薬投与管理(持続皮下注射)」の禁忌

●浮腫などで皮下からの吸収が低下している患者さん
●刺入予定部位の皮膚に異常がある患者さん

 

「麻薬投与管理(持続皮下注射)」の必要物品

  • 手袋
  • 27G翼状針
  • PCAポンプ
  • エクステンションチューブ(容量0.5mL)
  • 固定用テープ
  • 消毒綿
  • フィルムドレッシング材
  • 処方箋

 

「麻薬投与管理(持続皮下注射)」の実施手順

(1)誤薬防止のため6Rをチェックする

■誤薬防止のため6R(Right)

  • 正しい患者(氏名、部屋番号など):Right Patient
  • 正しい薬剤:Right Drug
  • 正しい量:Right Dose
  • 正しい方法:Right Route
  • 正しい時間:Right Time
  • 正しい目的:Right Purpose

 

(2)投与指示量がバルーン内に充填されていることを確認し、マーカーで日付とラインを入れる

 

(3)接続側チューブに、エクステンションチューブ・27G翼状針を接続する

 

(4)翼状針のルート内にプライミングさせる

※プライミング…ルート内を点滴液で満たすこと

 

(5)患者さんの本人確認を行う

 

(6)持続皮下注射の挿入部位を決定する

◆刺入部位の決定について◆

刺入部位は、患者さんが身体を動かしたときに影響を受けにくいように決定する

【Aの位置】患者さんが起き上がれる場合

【Bの位置】患者さんが上肢や上半身の動きが多い場合

【Cの位置】患者さんが寝たきりで体位交換が必要な場合

 

(7)刺入後、スライドクランプを解除し、薬液の投与を開始する

 

(8)翼状針を皮下に留置し、ドレッシングフィルム材で固定する

 

(9)強い痛みが出た場合ボタンを押し、鎮痛剤を投与することを伝える

 

(10)次に痛みを感じたときにボタンを押すことができる時間を伝える

ポイント

過量投与を防ぐために、ポンプごとにボタンを押してはいけない時間がある

 

(11)ポンプ本体とPCA装置の位置を同じ高さに保つことを説明する

ポンプとPCAの高さについて

ポンプ>PCA 重力で投与速度が速くなるため、この2つの高さには注意する

 

(12)患者さんの痛みを評価する

■患者さんの痛みを評価する

  • PCAボタンを押した回数
  • いつどのようなときにボタンを押したか
  • 疼痛の程度・日常生活状況など

 


【引用・参考文献】

(1)的場元弘,加賀谷肇(監修): Q&Aでわかる がん疼痛緩和ケア.じほう,東京,2014.
(2)鈴木央(著):PCAポンプ使用の実際.プロフェッショナルがんナーシング,1(1),126-127,メディカ出版,2011.
(3)ペインブロッカー(PCAタイプ)添付文書(2016/01/07 アクセス)
(4)的場元弘(著):がん疼痛治療レシピ.春秋社,東京,2007.

関連記事

いちおし記事

ついにイジメを告発!

浜田師長からのイジメを告発したもも子!看護部長の反応は…? [ 記事を読む ]

睡眠障害に関するQ&A

「眠れません」 「夜中に目が覚めます」といった訴えに対し、どんなケアができるでしょうか? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

電子タバコ、吸ったことある?

投票数:
891
実施期間:
2018年05月08日 2018年05月29日

2交替の人に質問!仮眠のあとどうやって起きてる?

投票数:
790
実施期間:
2018年05月11日 2018年06月01日

院外研修、受講料どうしてる?

投票数:
738
実施期間:
2018年05月15日 2018年06月05日

ネットワークビジネス、誘われたことある?

投票数:
696
実施期間:
2018年05月18日 2018年06月08日

瞳孔の観察、自信ある?

投票数:
611
実施期間:
2018年05月22日 2018年06月12日

いつ勉強してる?

投票数:
591
実施期間:
2018年05月25日 2018年06月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者371

母体は、未受診であり、在胎週数は不明です。自宅近くの産院で出産しました。出生体重1,300g、身長40cm、頭位29cm、体温36℃、心拍数125回/分、呼吸数35回/分、酸素飽和度98%で当院に搬送されて来ました。新生児は極低出生体重児と判断し、経過観察となりました。あなたが気を付けるべきことで、適切でないのは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.入院時の保育器36~37℃で設定し、体温管理に注意する。
  • 2.同一部位でのテープ固定を徹底する。
  • 3.感染を起こさないよう、気温と湿度に注意する。
  • 4.不感蒸泄などによる水分損失に注意する。
今日のクイズに挑戦!