2015年06月19日

フットポンプの実施|深部静脈血栓症対策(2)


【監修】

公立南丹病院 看護部

監修者・監修病院についての詳細

 

「フットポンプ」の目的

フットポンプは足底部を機械的に圧迫・弛緩することで血流を生じさせ、深部静脈血栓のリスクを低減すること

 

「フットポンプ」の必要物品

  • フットポンプ(本体)
  • フットカフ(装着部)

 

「フットポンプ」の実施手順

(1)患者さんにとって弾性ストッキングが最適な療法であるかどうかをアセスメントする

■「フットポンプ」のメリット■

  • 出血のリスクが高いなどの理由から薬物療法が行えない場合に有用
  • 下肢の運動ができない場合でも、他動的に下肢の静脈還流を促すこと可能

■「フットポンプ」のデメリット■

  • 接続チュープでつながれている状態となるため、早期離床の妨げになる恐れがある

■ポイント■

深部静脈血栓の発生が疑われる場合はフットポンプなどの圧迫療法は血栓を遊離させ、肺血栓塞栓症を引き起こす危険性があるため、即座に中止する必要がある

 

(2)フットカフの向きを表示通りに足底部に当てて装着する

(3)フットカフのマジックテープを巻きつけて固定する

■ポイント■

チューブの接続部分の確認を忘れないように注意する

(4)規定の圧力に設定し、スイッチをオンにする

関連記事

いちおし記事

新人ナースのインシデント。プリセプターの効果的な対応法は?

秋はインシデント増加の時期。再発を防止できる振り返りとは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

休憩時間とれてる?

投票数:
836
実施期間:
2018年09月11日 2018年10月02日

寿退職したい? したくない?

投票数:
721
実施期間:
2018年09月18日 2018年10月09日

現金100万円、一度で使い切るなら何に使う?

投票数:
405
実施期間:
2018年09月25日 2018年10月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1996

現行の「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(感染症法)に基づいた、感染症とその分類、対応の組み合わせとして、正しいのはどれでしょうか?

  • 1.鳥インフルエンザ(H7N9)-三類感染症-全数届出
  • 2.メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症-五類感染症-全数届出
  • 3.結核-二類感染症-全数届出
  • 4.破傷風-四類感染症-全数届出
今日のクイズに挑戦!