1. 動画でわかる!看護技術>
  2. 包帯法 > 基本的な巻き方(環行帯→らせん帯)

2015年06月19日

前腕への巻き方(環行帯→麦穂帯)|包帯法 (2)


【監修】

公立南丹病院 看護部

監修者・監修病院についての詳細

 

包帯法における「麦穂帯」とは?

上腕など太さに変化がある部位に対する包帯の巻き方のこと

 

包帯法:前腕への巻き方(環行帯→麦穂帯)の実施手順

■ポイント■

手順(1)~(4)は「環行帯(同じ箇所に環状に実施する方法)」で巻く

手順(5)~(6)は「麦穂帯(巻く箇所に太さに変化があるときに実施する方法)」で巻く

 

=手順(1)~(4):環行帯=

(1)最初は包帯は環行帯(同じ箇所を環状に巻く方法)で巻きはじめる

 

(2)拇指で包帯の端を押さえ、斜め上に巻きはじめる

 

(3)転がすように重ねながら包帯を巻く

 

(4)余った三角形の部分を折り返す

 

■ポイント■

手順(5)~(6)以降は「麦穂帯」で巻く

 

=手順(5)~(6):麦穂帯=

(5)麦穂帯は8の字を描きながら交差させるように巻く

 

(6)最後は環行帯で巻き、固定テープで止める

関連記事

  • けいゆう先生の医療ドラマ解説~学習はドラマのあとで~【全記事まとめ】 [09/20up]

      【1】グッド・ドクターの脳室腹腔短絡術(VPシャント)   【2】グッド・ドクターのメッケル憩室   【3】「劇場版コード・ブルー」スキルス胃がんと患者への説明   【4】「大恋... [ 記事を読む ]

  • 看護師は「母性」の職業なのか [05/10up]

    こんにちは、依里楓です。水商売を卒業して、看護師になって1年が経ちました。   2年目になってなんとなく、私看護師の仕事が結構好きかもしれないと思うようになってきた最近、学生の時に大学の教授が話していた、あるエピソードを... [ 記事を読む ]

  • 人工気道による合併症、どう予防する? [04/10up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「人工気道による合併症」に関するQ&Aです。 人工気道による合併症、どう予防する? 適切なカフ圧管理や加温・加湿、チューブ管理を行うこと、患者の状態変化を... [ 記事を読む ]

  • 感染経路別予防策 [08/18up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は感染経路別予防策について解説します。 〈目次〉 接触感染 飛沫感染 空気感染 感染経路別予防策 感染予防を行うためには、微生物(病原体)の感染... [ 記事を読む ]

  • 患者を移送するとき、足から先に進むのはなぜ? [01/17up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は患者移送時の注意点に関するQ&Aです。 患者を移送するとき、足から先に進むのはなぜ? 足から先に進むと、進行方向に視野が広がって安心感があるためです。 ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

看護roo!サロンで楽しくおしゃべり♪

【謝礼5000円】他の病院のナースと話せる貴重な機会♡謝礼もゲット! [ 記事を読む ]

せん妄はどうやって予防する?発症したらどうする?

せん妄の発現や重症化を抑え、せん妄期間を短縮するには,原因に対する迅速な管理が重要です. [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1316
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1248
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
1130
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
987
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日

生理痛で困ってない?

投票数:
955
実施期間:
2019年03月21日 2019年04月11日

一番好きな看護業務は?

投票数:
494
実施期間:
2019年03月26日 2019年04月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者302

介護施設に入所している80歳女性。重度の認知症があり自室のベッドのそばで倒れているところを発見されました。ベッドからの転落が疑われます。前頭部挫創部を圧迫止血された状態で病院到着となりました。意識はあり、指先は動かせますが肘は曲がった状態です。以下のうち、看護師のあなたがとるべき対応として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.最終健在時刻・発見時刻を施設職員から聴取し、転倒の原因についてのアセスメントを最優先に行った。
  • 2.頸椎・頸髄損傷の可能性を考えて、全身の神経学的所見や呼吸形式を観察した。
  • 3.退院後は転落のリスクを考えて、抑制帯を使用して再発防止策をとるように施設職員に伝えた。
  • 4.退院後はベッドからの転落防止のため、必ず施設職員の目の届く部屋にし、常に患者さんに付き添いを行うように施設職員に伝えた。
今日のクイズに挑戦!