1. 動画でわかる!看護技術>
  2. 歩行介助> ロフストランドを使用する歩行介助

2015年06月18日

ロフストランドを使用する歩行介助|歩行介助(3)


【監修】

筑波大学附属病院 看護部

小山記念病院 看護部

監修者・監修病院についての詳細

 

「ロフストランド杖」の適応

  • 片側の下肢に障害や筋力低下があり、立位保持が困難
  • 前腕の力が強いこと

「ロフストランド杖」の特徴

  • 握りを掴むため、大きな荷重を伝えやすい
  • 握りに荷重が加わると、前腕カフに前腕が押し当てられ、指示性が高くなる
  • 前腕での支持になるため、立位の補助機能は低くなる

「ロフストランド杖」の長さ調節

(1)立った状態で、足先から前へ15cm、外側へ15cmはなれたところに杖を置く

(2)この状態で肘関節の下に前腕カフが来るように長さを調節する

 

「ロフストランド杖」の調整

(1)健側の腕にロフストランド杖を持つ

⇒患側に荷重がかかることを防ぐために実施する

(2)前腕カフの輪の部分に腕を入れ、手の甲を上に向けてしっかりと握り、ひじを軽く曲げる

 

「ロフストランド杖」を使用した介助方法

■原則■

介助者は患者さんの患側に立ち、背中を支える

⇒患側への転倒が多いため

 

「ロフストランド杖」を使用した介助~平地を歩く場合~

(1)杖を前に出す

(2)患側を前に出す

(3)最後に健側を前に出す

⇒この動きを繰り返して前に進む

 

「ロフストランド杖」を使用した介助~階段をおりる場合~

(1)介助する看護師は、患者さんよりも一段下に先行し、体を支えるように杖先を一段下におろす

(2)バランスを失わないように、介助する看護師は患者さんの腕を曲げて胸に置いて、その腕を片方の手で支える

(3)もう一方の手で患者さんの背中を支え、前後両面から体を保持する

(4)階段を下る時は、平地と同じく、患脚を先におろす。続いて健脚をおろす

(5)この繰り返しで、「杖→患脚→健脚」という順で階段をおりる

⇒介助する看護師は常に一段下から体を支える

 

「ロフストランド杖」を使用した介助~階段をのぼる場合~

(1)介助する看護師は患側に立ち、一段下で体を支える

(2)くだりの時と同じように患者さんの腕と背中を支える

(3)杖先を一段上に乗せる

(4)先に健脚を前に出す

(5)最後に患脚を前に出す

(6)この繰り返しで「杖→健脚→患脚」という順で階段をのぼる

関連記事

いちおし記事

【マンガ】おうちで死にたい2巻 発売記念

主人公の花が訪問看護師を目指すキッカケとなったお話を公開! [ 記事を読む ]

そもそも不穏って何?

不穏のメカニズム、せん妄との違い [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

朝起きて洗顔する?しない?

投票数:
1089
実施期間:
2018年10月29日 2018年11月19日

入院中の転倒による障害に対し、病院に2770万円の賠償命令。看護師としてどう思う?

投票数:
1018
実施期間:
2018年10月30日 2018年11月20日

看護師になって初めて知った衝撃の事実!

投票数:
904
実施期間:
2018年11月02日 2018年11月23日

准看護師か看護師であることを意識する?

投票数:
919
実施期間:
2018年11月02日 2018年11月23日

学生時代、部活何やってた?

投票数:
940
実施期間:
2018年11月06日 2018年11月27日

風邪をひいたら抗生物質(抗菌薬)もらう?

投票数:
859
実施期間:
2018年11月09日 2018年11月30日

自分の体、何で洗ってる?

投票数:
796
実施期間:
2018年11月13日 2018年12月04日

【究極の選択】結婚するならどっち? あなたが好きな男性vsあなたを好きな男性

投票数:
665
実施期間:
2018年11月16日 2018年12月07日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2155

外来通院をしているBさんは、56歳の男性です。心筋梗塞で内服治療をしています。以前に心筋梗塞で、冠動脈狭窄部位にステントを挿入する治療をしました。それ以降は胸部症状もなく、本日、運動負荷心電図(トレッドミル)検査を予約しています。Bさんの検査時の目標心拍数は、以下のうちどれが正しいでしょうか?

  • 1.心拍数100~118回/分に設定する。
  • 2.心拍数120~135回/分に設定する。
  • 3.心拍数140~148回/分に設定する。
  • 4.心拍数161~177回/分に設定する。
今日のクイズに挑戦!