2015年06月18日

歩行準備|歩行介助(1)


【監修】

筑波大学附属病院 看護部

小山記念病院 看護部

監修者・監修病院についての詳細

 

「歩行介助」実施前の確認事項

(1)移動経路を検討し、安全確認をおこなう

(2)患者さんに移動の目的や経路、移動先の情報などを説明して同意を得る

⇒転倒などを防止するために付き添うことを伝え、安心して歩行に専念してもらう

■ポイント■

介助は患側から支えるのが基本。斜め後ろから腰を軽く支えるようにする

⇒バランスを崩した時に安全に体を支えることができる

 

(3)転倒防止のために、障害物が無いか床が濡れてすべりやすくなっていないかなど、足元の安全確認をおこなう

(4)医師や作業療法士の指示により、杖や歩行器など、歩行補助具を使用する

 

「歩行介助」に使用する道具

■松葉杖

・原則として2本セットで使用する

・安定性が高い杖だが、上半身の筋力が求められる

 

■ロフストランド杖

・手と前腕部で支持するため筋力が落ちている場合でも扱いやすい

 

■四点支持杖

・四点で接地するため、安定して体重を支えることができる

・ただし、段差や傾斜がある場所には適さない

 

■ポイント■

患者さんの状態や移動経路によって、最適な歩行補助具を選定することが大切

関連記事

いちおし記事

新人ナースのインシデント。プリセプターの効果的な対応法は?

秋はインシデント増加の時期。再発を防止できる振り返りとは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

休憩時間とれてる?

投票数:
836
実施期間:
2018年09月11日 2018年10月02日

寿退職したい? したくない?

投票数:
721
実施期間:
2018年09月18日 2018年10月09日

現金100万円、一度で使い切るなら何に使う?

投票数:
408
実施期間:
2018年09月25日 2018年10月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2074

現行の「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(感染症法)に基づいた、感染症とその分類、対応の組み合わせとして、正しいのはどれでしょうか?

  • 1.鳥インフルエンザ(H7N9)-三類感染症-全数届出
  • 2.メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症-五類感染症-全数届出
  • 3.結核-二類感染症-全数届出
  • 4.破傷風-四類感染症-全数届出
今日のクイズに挑戦!