1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 体液の量はどれくらい?|体液の成分と働き

2018年11月19日

体液の量はどれくらい?|体液の成分と働き

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は体液の量に関するQ&Aです。

体液の量はどれくらい?

ヒトの体重の約60%は水で占められています。体重60kgであれば、体液の量は約36Lになります。その内訳は、細胞内液が40%、細胞外液が20%です。

細胞外液の内訳をみてみると、〔組織液、組織間液(間質液)〕が15%、血漿が4%、リンパや脳脊髄液が1%となっています(図1)。

図1体液の内訳

体液の内訳

 

体液量は性別によっても異なり、女性は体重の55%と、男性に比べて少なくなります。また、年齢によっても変化します。乳児は体重の約75%、成人は体重の約60%が体液ですが、高齢になるにつれてその割合は成人より低くなっていきます。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 体液の量はどこで調節されているの? [12/03up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は体液の調節について説明します。 体液の量はどこで調節されているの? 成人が1日に摂取する水分量は、平均で約2,500mLです。その内訳は、飲料水1,500mL、食物中... [ 記事を読む ]

  • なぜ体には水が必要なの?|体液の成分と働き [11/26up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は体にとって水が必要な理由について説明します。 なぜ体には水が必要なの? 体にとって水が必要な理由はたくさんありますが、そのどれもが、体内の環境を一定に保つこと(恒常性... [ 記事を読む ]

  • 体液の量はどれくらい?|体液の成分と働き [11/19up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は体液の量に関するQ&Aです。 体液の量はどれくらい? ヒトの体重の約60%は水で占められています。体重60kgであれば、体液の量は約36Lになります。その内訳は、細胞...

  • 体液とは何を指すの?|体液の成分と働き [11/12up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は体液に関するQ&Aです。   体液とは何を指すの? 体液とは生体内にある液体成分の総称で、細胞内液と細胞外液に大別することができます(図1)。 図1体... [ 記事を読む ]

  • 内部環境と外部環境の違いは?|体液の成分と働き [11/05up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は内部環境・外部環境に関するQ&Aです。   内部環境と外部環境の違いは? 内部環境と外部環境の考え方の基本になるのは、「ヒトを含めた多細胞生物にとって、生命... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 心臓は働きもの|流れる・運ぶ(2) [07/17up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、循環器系についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 多細胞生物が備えた物流システム|流れる・運ぶ(1) 解剖生理を学ぶため、体内を冒... [ 記事を読む ]

  • 消化酵素による分解の仕組み|食べる(2) [08/10up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、消化器系についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 栄養と代謝|食べる(1) 解剖生理学の面白さを知るため、身体を冒険中のナスカ。食... [ 記事を読む ]

  • 人間の心臓を持たずに外に出たバスケットボーイ―人工心臓の進化 [04/11up]

    人工心臓をつけた場合、入院を余儀なくされることが多いでしょう。しかし、そんな常識に希望をもたらしたのが、今回ご紹介する、あるアメリカ人の男性です。   その男性とは、ミシガン州のイプシランティという町に住む24歳のスタン... [ 記事を読む ]

  • 細胞はタンパク質の工場|細胞ってなんだ(3) [07/09up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、細胞についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 実は多機能、細胞膜|細胞ってなんだ(2) 細胞の世界を探検中のナスカ。前回は細胞膜がとて... [ 記事を読む ]

  • 全身の血管|血液の流れから理解する(1) [10/17up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、血液の流れから解剖生理を理解するお話の1回目です。 〈前回の内容〉 身体の中の社会|生体としての人体(3) 前回は、細胞が... [ 記事を読む ]

いちおし記事

センサーマットとの攻防

患者さんとセンサーマットの戦いは、看護師たちを焦らせる… [ 記事を読む ]

採血の手順と注意点

血管が細い場合はどうする? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
1172
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1211
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
1090
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
1088
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日

安楽死に賛成?反対?

投票数:
953
実施期間:
2018年12月11日 2019年01月01日

今年一番の個人的なニュースは?

投票数:
798
実施期間:
2018年12月14日 2019年01月04日

わたしの幸せ自慢!

投票数:
397
実施期間:
2018年12月18日 2019年01月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者268

アキレス腱断裂への対応として、以下のうち正しいものはどれでしょうか?

  • 1.歩行ができる場合は、湿布を貼り、経過を見る。
  • 2.腹臥位にさせ、膝関節を90度に曲げて下腿後面(下腿三頭筋)を握ると、足関節の底屈が見られなかったので、正常だと判断した。
  • 3.腹臥位にさせ、つま先を伸ばすように副子固定を行う。
  • 4.疼痛を緩和するために患部を温める。
今日のクイズに挑戦!