1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 間脳はどんな役割を果たしているの?

2017年11月13日

間脳はどんな役割を果たしているの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「間脳」に関するQ&Aです。

間脳(かんのう)はどんな役割を果たしているの?

大脳の深部に位置しているのが間脳です。間脳は、視床、視床下部などから成り立っています。左右の視床に挟まれて松果体(しょうかたい)があり、視床下部からは下垂体が延びています。

脳の構造

 

視床は感覚系の神経を中継する所です。嗅覚以外の神経線維はすべて、視床を通って大脳皮質の各中枢に向かっています。視床は感覚情報の中継所ですので、快・不快程度であれば認識できますが、もっと細かな判断は大脳皮質の感覚野で行われます。 

視床下部は、自律神経や内分泌の中枢として機能しています。全身からの感覚情報、自律神経の情報、ホメオスタシス(恒常性)の情報などが集中し、生体のすべての細胞が最適な環境に置かれるように、自律神経やホルモンを介してコントロールしています。また、食欲、性欲、疼痛、口渇(こうかつ)などの中枢もここにあります。

 

MEMO松果体(しょうかたい)

内分泌器官の1つで、視覚刺激によって体内時計の役割を果たしています。サーカディアンリズム(概日リズム)を調節するメラトニンというホルモンを分泌しています。

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

著作権について / 引用・参考文献

この連載

  • 脳幹はどんな働きをしているの? [11/17up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脳幹」に関するQ&Aです。 脳幹はどんな働きをしているの? 大脳を支える幹のような形をした部分が脳幹です。成人の脳幹は長さ約7.5cm、太さは親指程度と小さな部分で... [ 記事を読む ]

  • 間脳はどんな役割を果たしているの? [11/13up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「間脳」に関するQ&Aです。 間脳(かんのう)はどんな役割を果たしているの? 大脳の深部に位置しているのが間脳です。間脳は、視床、視床下部などから成り立っています。左...

  • 脳波って何? [11/10up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脳波」に関するQ&Aです。 脳波って何? 大脳皮質からは常に微弱な電気信号が出されており、大脳の働きや精神状態によってその周波数が微妙に変化しています。この電気信号... [ 記事を読む ]

  • 右脳と左脳はどう違うの? [11/06up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「右脳と左脳」に関するQ&Aです。 右脳と左脳はどう違うの? 脳は左右対称の臓器ですが、機能的には左右でかなり異なります。 左脳は、言語、計算、理論など論理的、... [ 記事を読む ]

  • 聴いたり話したりするとき、体のなかでは何が起きている?|大脳皮質の働き [10/30up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脳の機能」に関するQ&Aです。 聴いたり話したりするとき、体のなかでは何が起きている? 大脳皮質には、聴いて、見て、嗅いで、話して、感じて、動かしてと、私たちが生き... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 神経のしくみと機能|動作のしくみから理解する(7) [12/12up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、動作のしくみから解剖生理を理解するお話の7回目です。 〈前回の内容〉 脳と脊髄は身体の司令塔|動作のしくみから理解する(6) ... [ 記事を読む ]

  • 視覚のメカニズム――眼|感じる・考える(3) [09/10up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経系についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 中枢神経と末梢神経|感じる・考える(2) 解剖生理学の面白さを知るため、情報を分析... [ 記事を読む ]

  • 神経細胞とグリア細胞|感じる・考える(1) [09/05up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経系についてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 体温の調節|調節する(5) 解剖生理学の面白さを知るため、体温を一定に保つための仕... [ 記事を読む ]

  • 体温の調節|調節する(5) [09/03up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経伝達物質・ホルモンについてのお話の5回目です。 〈前回の内容〉 血糖値・血圧の調節|調節する(4) 解剖生理学の面白さを知るため、... [ 記事を読む ]

  • 血圧・血糖値・pHの調節|生体を維持する恒常性のはたらき(2) [12/17up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、生体を維持する恒常性のはたらきから解剖生理を理解するお話の2回目です。 〈前回の内容〉 神経とホルモンによる調節|生体を維持する... [ 記事を読む ]

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1484
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
603
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
765
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
525
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
387
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
195
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者275

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!