看護用語辞典 ナースpedia キーワード:メラトニン

メラトニンとは・・・

最終更新日 2018/01/29

メラトニン(めらとにん)とは、脳の松果体で合成されるホルモンである。睡眠・覚醒リズムを調節する働きがある。
周囲が薄暗くなることを感知して分泌が亢進され、午後11時〜午前3時頃に血中濃度はピークを迎える。ヒトにおいては睡眠を促進する効果があるため、これにより、昼行性の日内リズムを作っているとされる。
また、季節によってもその分泌量には変動があり、夜が長い秋・冬のほうが、春・夏に比べて血中濃度が高くなることが知られており、季節性情動障害の一因と言われている。

メラトニンは、光刺激で分泌が抑制される。就寝前に書籍を読んだ場合に比べて、パソコンやスマートフォンなどの発光デバイスを用いて電子書籍を読んだときのほうがその分泌量が減少したとの報告がある。
ほかに、β遮断薬、カフェイン、エタノールなどの摂取でもその分泌が抑制されることが知られている。また、生後3~4ヶ月で分泌が始まり、1~3歳でピークとなる。その後分泌が減少し20~30歳代でプラトーとなり、加齢とともにさらに分泌量は減少する。このため高齢者ではしばしば日内リズムを保てず、夜に入眠することが難しくなる。

メラトニン分泌低下による入眠困難の治療薬として、本邦ではメラトニン受容体を刺激する製剤(アゴニスト)であるラメルテオン(ロゼレム®)が保険適用となっている。

執筆

石田 光

元 神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

看護師的ナイスフォロー!気が利く同僚たちをご紹介|看護師の本音アンケート

「めちゃくちゃ助かる!ありがとう!」と感激した同僚エピソード。みんなも経験ある? [ 記事を読む ]

稽留熱?間欠熱?発熱のアセスメントと対応をおさらい!

原因からケアのポイントまでわかりやすく解説。 [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
1341
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
1296
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日

結婚するなら、同じ医療者がいい?それとも、医療者以外がいい?

投票数:
1272
実施期間:
2019年11月22日 2019年12月13日

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1099
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1002
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
736
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
484
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1865

◆脳・神経の問題◆開放式脳室ドレナージ中の患者さん。体位変換をする際、各クランプを閉鎖する順番として、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.A→B→C→D
  • 2.B→C→D→A
  • 3.C→D→A→B
  • 4.D→A→B→C
今日のクイズに挑戦!