1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 採血部位は前腕を多く用いるのはなぜ?

2018年05月12日

採血部位は前腕を多く用いるのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は採血の手順に関するQ&Aです。

採血部位は前腕を多く用いるのはなぜ?

肘窩の皮静脈は腕まくりをすれば簡単に露出でき、また比較的太い静脈で、表面の皮膚がやわらかく刺しやすいためです。

〈目次〉

採血しやすい静脈は

皮膚のすぐ下の皮下組織中を走る静脈を皮静脈とよびます。肘窩(前腕)の皮静脈は腕まくりをすれば簡単に露出でき、比較的太い静脈です。深在性の静脈のように動脈と並走していないため、安全に採血できます。しかも表面の皮膚がやわらかいため刺しやすく、また皮膚から透かして見えるため、静脈採血には最適とされています。

 

採血に用いられる静脈は

前腕屈側部には、橈側皮静脈前腕正中皮静脈尺側皮静脈が走っていますが、これらは肘窩で肘正中皮静脈により互いにくっつきあっています。この吻合形式には人によりかなりの相違がありますが、一般に最も採血しやすいのは尺側正中皮静脈で、ついで橈側前腕皮静脈、側皮静脈などです(図1)。

図1採血しやすい皮静脈

採血しやすい皮静脈

なお、橈側正中皮静脈の付近には、かなり太い神経が走っているため、この静脈を狙って深く刺し過ぎると、誤って神経を刺し、手先まで響くような痛みを訴えることがあるので注意を要します。

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

胃カメラで改めて実感 手の力

看護師の「手」にどれだけの患者さんが救われてきたことか…。 [ 記事を読む ]

早期経口摂取の注意点は?

術後の食事開始の時期は、少しずつ早まってきています。気をつけたいことは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

自分ががんになったら…補完代替療法、行いたい?

投票数:
854
実施期間:
2018年10月02日 2018年10月23日

「看護師辞めたい」と「看護師やっててよかった!」どっちを思うことが多い?

投票数:
822
実施期間:
2018年10月05日 2018年10月26日

業務時間内に仕事が終わったけど周りはまだ仕事中…そんな時どうする?

投票数:
774
実施期間:
2018年10月09日 2018年10月30日

細かすぎて伝わらない喜び選手権!

投票数:
459
実施期間:
2018年10月16日 2018年11月06日

つばを吐きかけた患者に平手し減給処分。同じ看護師としてどう思う?

投票数:
317
実施期間:
2018年10月17日 2018年11月07日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者12

胃瘻造設のために長期療養型施設から転院してきた89歳男性のOさん。現在、発熱などの症状はなく、全身状態は安定しています。サマリーには「尿失禁があり、尿道留置カテーテルを挿入中」「尿培養の検査で大腸菌が検出されたのでレボフロキサシン(LVFX)を内服中」との記載がありました。Oさんへの対応で、最も適切なものは次のうちどれでしょうか?

  • 1.尿路感染予防のため、尿道周囲を毎日、消毒薬で消毒する。
  • 2.尿から細菌が検出されているため、尿路感染症と申し送りをした。
  • 3.尿路感染症の予防には、間欠導尿よりカテーテル留置の方が良いため、そのままカテーテルを留置しておいた。
  • 4.尿失禁にはおむつで対応することとし、尿道留置カテーテルは抜去した。
今日のクイズに挑戦!