2016年02月13日

モニター心電図の装着法

看護師のための心電図の解説書『モニター心電図なんて恐くない』より。

〈前回の内容〉

心臓の電気伝導の性質

今回は、モニター心電図の装着法について解説します。

 

〈目次〉

 

モニター心電図の誘導法

皆さんが病棟で使用するモニター心電図は、ナースステーションに波形が出る中央モニター型か、ベッドサイドに移動可能なポータブル型ですよね。

いずれにしても、患者さんに付ける電極は、赤・黄・緑の3種類のタイプがほとんどだと思います。

さあ、どこに、どんなふうに貼りますか。知らない方には私が教えてさしあげましょう。

基本はノイズが混入せず、P‐QRS‐Tがはっきりしているモニター波形です。

  • 電極シールが乾いていないかチェックします。 →乾いているとノイズの原因になります。
  • 貼る部分の汚れと角質を落とします。 →検査技師さんは紙やすりを使ったりしますが、消毒綿でよいかと思います。
  • 場所は筋肉の上を避けて、両鎖骨の下と下胸部がいいでしょう。 →筋電図もノイズの原因です。
  • 赤=右鎖骨下、黄=左鎖骨下、緑=下胸部です。 →患者さんの右鎖骨、左鎖骨です。右上から時計回りに「あー、きみ」と、覚えてもよいし、気恥ずかしいなら、そう覚えなくても結構です。

通常は赤と緑の電極間、つまり右上と下の電極間の電位が表示されます。これは肢誘導のⅡ誘導になります。残りの1つはアースです(図1)。

私のいいつけを守って装着すれば、モニターにはⅡ誘導が現れるしくみになっているのです。

図1標準モニター誘導

標準モニター誘導

 

Ⅱ誘導はP波もQRS波も比較的よく見える誘導ですが、はっきりしない場合は、モニターのほうで、電極とアースの関係を操作して、Ⅰ誘導やⅢ誘導に切り替えられますし、それでもダメなら、電極を貼る位置を変えてください。

 

5点誘導法

その他の誘導として、赤・黄・緑、黒・白を加えて5点で誘導を変えるのが、5点誘導法です(図1)。

黒をアースに右下胸部に貼り付けゼロ点とします。黒を基準点にすれば、右上胸部の赤はaVR、左上胸部の黄色はaVL、下胸部の緑はaVFになります。また赤・黄・緑の電位差はⅠ、Ⅱ、Ⅲ誘導になります。さらに白をV1~V6の必要な位置に貼れば、黒との間で胸部誘導が描出できます。

 

3点誘導法

3点誘導法でも位置を変えると、必要な誘導にすることできます(図2)。

図2標準モニター誘導のさまざまな種類

標準モニター誘導のさまざまな種類

 

  • MCL1誘導図2のように緑をVの部位に貼るとV類似のMCL1波形となり、P波が大きく見えます。
  • MCL5誘導:同様に緑をVの位置にすれば、Vに似たMCL5波形となり、R波ST-T波が強調され、狭心症などST-Tの観察に適しています。
  • NASA誘導:胸骨上縁と下縁の電位差で、筋電図が入りにくく、P波観察にもってこいです。

 

さまざまな誘導の心臓を見る方向

 

モニター心電図を付けますと、基本的にはⅡ誘導が画面に現れます。なぜでしょう。

Ⅱ誘導は右上から左下への興奮の伝導を心電図波形で上向きに描出します。洞結節は心房の右上にあり、信号は右上から発信され、全体として心房の興奮は右上から左下に向かいます(図3)。つまり、心房興奮の集合体であるP波はⅡ誘導で大きく、上向きに描かれるわけです。

図3心房の興奮の伝導方向

心房の興奮の伝導方向

 

心室興奮でも、ヒス束から出た信号は、左室筋が多いのも関係して、全体としては右上から左下に伝導します。つまり心室収縮の波であるQRS波は右上から左下への方向、つまりⅡ誘導で大きく、上向きの波として現れるわけです。

Ⅱ誘導はP波・QRS波とも大きく、上向きに見られるので、不整脈の監視にはもってこいの誘導なのです。ですから、主に不整脈検出を目的とするモニターはⅡ誘導が優先されるのです。

大切なのはモニターを装着することではなく、患者さんの状態を把握すること…ですから。

それでは、次回より実際の心電図を勉強していきましょう。

 

〈次回〉

正常心電図―心拍数を測ろう―

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『モニター心電図なんて恐くない』(著者)田中喜美夫/2014年3月刊行

モニター心電図なんて恐くない

著作権について

この連載

  • 心肺停止の患者さんを発見したときの対応 [02/22up]

    看護師のための心電図の解説書『モニター心電図なんて恐くない』より。 〈前回の内容〉 正常心電図―心拍数を測ろう― 今回は、心肺停止の患者さんを発見したときの対応について解説します。   〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

  • 正常心電図 ―心拍数を測ろう― [02/17up]

    看護師のための心電図の解説書『モニター心電図なんて恐くない』より。 〈前回の内容〉 モニター心電図の装着法 今回は、正常心電図について解説します。   〈目次〉 はじめに PP間隔一定1... [ 記事を読む ]

  • モニター心電図の装着法 [02/13up]

    看護師のための心電図の解説書『モニター心電図なんて恐くない』より。 〈前回の内容〉 心臓の電気伝導の性質 今回は、モニター心電図の装着法について解説します。   〈目次〉 モニター心電図の誘...

  • 心臓の電気伝導の性質|心臓と心電図の原理 [02/09up]

    看護師のための心電図の解説書『モニター心電図なんて恐くない』より。 〈前回・前々回の内容〉 心臓の電気伝導の原理(原則1~5) 正常心電図編(原則6~10) 今回は、心臓の電気伝導の性質について解説します。 ... [ 記事を読む ]

  • 正常心電図の原則|心臓と心電図の原理 [02/04up]

    看護師のための心電図の解説書『モニター心電図なんて恐くない』より。 〈前回の内容〉 心臓の電気伝導の原理(原則1~5) 今回は、正常心電図の原則について解説します。   〈目次〉  心電図の... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1489
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
606
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
768
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
531
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
393
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
327
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1175

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!