1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 解剖生理をおもしろく学ぶ>
  4. 細胞でのタンパク質合成|解剖生理をおもしろく学ぶ

2015年07月09日

細胞はタンパク質の工場|細胞ってなんだ(3)

解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より
今回は、細胞についてのお話の3回目です。

〈前回の内容〉

実は多機能、細胞膜|細胞ってなんだ(2)
細胞の世界を探検中のナスカ。前回は細胞膜がとても働きものであることを知りました。


今回は「細胞はタンパク質の工場」と聞いて、それぞれの作業場を探検することに・・・。

 

細胞はタンパク質の工場

それにしても、細胞の中ってずいぶんといろんなものが詰まっていますね

細胞は、巨大な工業地帯みたいにさまざまな作業所をもっているの。たとえばね、エネルギーを作り出す発電所、それを使って身体の材料を作り出す工場、それに、出てきたゴミを処分する焼却炉といった感じ……

ゴミ焼却炉まであるんですか

そうよ

それにしても、細胞の役割って、いったいなんだろう?

ひと言でいえば、タンパク質の工場ね

タンパク質の工場?

これからその作業場を、一つひとつ案内するわね

 

図1細胞はタンパク質工場

細胞ってなんだ(4)発電所-ミトコンドリア・ゴミ処分場-リソソーム

 

設計図を保管するコントロールタワー──核

真ん中に丸くなっているのがあるでしょ。あれが核ね

核の中には、DNAがあるんですよね

DNAはよく、身体の設計図にたとえられます。でも、見た目は全然、設計図じゃないの。実際はヌクレオチドとよばれる物質が鎖状につながった1本のヒモ。1個の細胞にあるDNAを伸ばすと、なんと2mにもなるのよ

 

核内にあるDNAの正式名称は、デオキシリボ核酸とよばれます。4つの「ヌクレオチド」が鎖状につながった、ヒモ状の形をしています。ヌクレオチドの糖とリン酸が交互に結合してできる鎖が2本、塩基を向かい合わせにしてより合わさり、ねじれたらせん構造をしています(図2図3)。

 

図2

核

 

図3DNAとは

DNAとは

 

細くて長いDNAは、からまったり切れたりしないように、ヒストンというタンパク質に巻きついています。いくつものヒストンに巻きついたDNAが連なって、真珠のネックレスのような構造をつくり、それが幾重にも規則的に折りたたまれ、染色体とよばれる太い構造をつくります。ヒストンとういうアルカリ性のタンパク質によって酸性の核酸が中和されます。

 

図4DNAの基本構造

DNAの基本構造

DNAは、塩基(A:アデニン、T:チミン、C:シトシン、G:グアニン)と糖、リン酸から構成される。ヌクレオチドとはDNAの基本単位である。AとT、CとGは必ず対となり、水素によって結合している。

 

うーん、DNAは1本の長いヒモか。で、その長いヒモがどうして身体の設計図になるんですか

その秘密はね……実はDNAに刻み込まれたアミノ酸の配列情報にあるの

アミノ酸の配列?

さっき、細胞はタンパク質の工場だっていったでしょう。タンパク質は、たくさんのアミノ酸がくっついてできるの。だから、アミノ酸の種類や並ぶ順番によって、できあがるタンパク質の性質も違ってくるのよ

 

遺伝子に記録されたアミノ酸の配列

DNAが身体の設計図といっても、そこには手足のサイズや、心臓や肝臓の場所といった、構造上の特徴が描かれているわけではありません。DNAに記録されているのは、身体に必要なタンパク質をつくるためのアミノ酸の配列方法。つまり、どのアミノ酸(全部で20種類ある)をどのように並べて、どんなタンパク質をつくるのかということだけです(図5)。
DNAのうち、このアミノ酸の配列情報が記録された部分を遺伝子といいます。人間の場合、全体で5万~10万ほどの遺伝子があり、1つの遺伝子がもつのは1つのタンパク質をつくる情報だけです。したがって、身体全体でつくれるタンパク質の数も、遺伝子の数に等しい、ということになります。
長いヒモ状になったDNAの上で、遺伝子は飛び飛びに存在しています。DNA全体に占める遺伝子の割合はそれほど多くなく、人間など哺乳類の場合、その比率は10%以下だといわれています。

 

私たちの身体をつくる60兆個の細胞にはすべて同じDNA、つまり遺伝子が収納されているの

ということはつまり、どの細胞でも、同じタンパク質が同じ量だけつくられるってことですか

ところが違うの。心臓の細胞は、心臓に必要なタンパク質、脳は脳に必要なタンパク質しかつくらないの

どうしてそんなことができるんだろう?

タンパク質をつくる際に、細胞は遺伝子にある情報のすべてを使うのではなく、必要な部分だけを抜き出して使っているわけ。つまり、データベースは巨大だけれども、それぞれの細胞が使う部分はほんの少しずつ、しかないの

だったら、使う分のデータだけもてばいいのに……

細胞ごとに別々のデータベースをつくったら、それこそ大変でしょ。それに、大量のデータベースをもっていれば、環境が変化した際にも、必要な材料で細胞を作り替えることもできるのよ。長い目で見れば、これがいちばん、効率的だったということ

 

図5アミノ酸の配列

アミノ酸の配列

タンパク質の合成には、核内において核酸の塩基配列がmRNAに転写される。その後、mRNAは核外に出て、リボソームと結合。その際、転写された塩基配列は3文字ずつ翻訳され、これをもとにtRNAがアミノ酸を運んでくる。この3文字をコドンとよび、組み合わせにより運ばれてくるアミノ酸が決まっている。1文字目がU、2文字目がC、3文字目がGの場合のアミノ酸はセリンである

 

タンパク質の組み立て場──リボソーム

アミノ酸を並べてタンパク質を作るっていってましたが、それは細胞のどこで作業するんですか

タンパク質を合成するのはリボソーム。丸くて、小さなツブツブがリボソームよ。あそこがタンパク質を組み立てる作業場なの

あんなツブツブが?

さあ、行ってみましょう

 

図6リボソーム

リボソーム

 

転写から翻訳、そして合成へ

遺伝子に記録されたアミノ酸の配列情報は、とても貴重で大切なもの。ですから、核外への持ち出しは禁止です。そこで活躍するのがコピー機能です。細胞の中にコピー機なんてあるのかって? それが、ちゃんとあるんです。
遺伝子の情報はまず、DNAにとてもよく似た構造のRNAリボ核酸)に写されます。これをコピーならぬ、転写といいます(図7)。DNAが原本だとしたら、RNAはそのコピーになるわけです。
RNAはリボソームに結合して、写し取った遺伝子情報を伝えます。こうした「伝える役割」をするRNAをとくに、メッセンジャーRNAmRNA)とよんでいます。
mRNAからの情報がリボソームに届くと、材料となるアミノ酸を集める作業がスタートします。このとき、必要なアミノ酸をリボソームまで運んでくるのもRNAです。こうした運搬役のRNAは、トランスファーRNAtRNA)とよばれています。
1つのtRNAは、1種類のアミノ酸しか運べません。ということで、たくさんの種類のアミノ酸を運ぶためには、たくさんの種類のtRNAが必要です。タンパク質をつくるのに必要なアミノ酸は20種類ありますから、それを運ぶtRNAも20種類です。tRNAは、mRNAに写し取った情報を読み取り、20種類のアミノ酸のなかから、指示どおりのアミノ酸を運んできます。この作業を生理学では翻訳といいます(図8)。
こうして、転写から翻訳へと作業が進み、必要なアミノ酸がすべて揃ったところで合成。つまり、アミノ酸を順番につなげてタンパク質をつくる作業へと進んでいきます。

 

図7転写

転写

 

図8翻訳

翻訳

 

遺伝子に記録されているのは、アデニンチミンシトシングアニンの4つの塩基でできた暗号のようなものなの。それで20種類ものアミノ酸をつくるんだから、すごいと思わない?

暗号はたった4つですよね?どうやって、20種類もの指示を出せるんだろう

その点、細胞は本当に頭がいいの。DNAからmRNAに情報を転写する場合にまず、3つの塩基をひとまとめにしてコード化します。これを専門用語ではコドンというの。すると、理論上は4×4×4=64とおりの組み合わせが可能で、20種類のアミノ酸も、余裕で区別できちゃうわけ。どう? すごいでしょ

なんだかよくわからないけど、細胞はつまり、数学が得意ってことで……

そういうこと

 

タンパク質の配送センター──ゴルジ装置

リボソームで合成されたタンパク質は、今度はどこへ行くんですか

ゴルジ装置ゴルジ体ともよばれます)よ(図9

ゴルジ装置?

たとえれば、配送センターのような場所ね。リボソームでつくられたタンパク質は、小胞体という梱包材で梱包され、ここで荷札を付けられて、目的地へと送り出されるの

タンパク質に、荷札をつけるんですか

もちろん、紙の荷札じゃないわよ。実際には糖が荷札の役割を果たします

糖がどうして、荷札になるんですか

つまり、運ばれて行く場所に応じてタンパク質にそれぞれ違う糖をくっ付けるの。そうすると、別々の糖タンパクができて、細胞は、その糖タンパクの種類で、ほしいタンパク質かどうかを見分けるわけなの

なるほど、すごいシステムですね

 

図9ゴルジ装置(ゴルジ体)

ゴルジ装置(ゴルジ体)

 

〈次回〉

細胞には、発電所とゴミ処分場まである?|細胞ってなんだ(4)


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『解剖生理をおもしろく学ぶ』(編著)増田敦子/2015年1月刊行

解剖生理をおもしろく学ぶ

引用・参考文献 

著作権について

この連載

  • 多細胞生物が備えた物流システム|流れる・運ぶ(1) [07/15up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、循環器系についてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 細胞には発電所とゴミ処分場まである?|細胞ってなんだ(4) 細胞の世界を冒険する... [ 記事を読む ]

  • 細胞には発電所とゴミ処分場まである?|細胞ってなんだ(4) [07/13up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、細胞についてのお話の4回目です。 〈前回の内容〉 細胞はタンパク質の工場|細胞ってなんだ(3) 細胞の世界を探検中のナスカ。前回はたんぱく... [ 記事を読む ]

  • 細胞はタンパク質の工場|細胞ってなんだ(3) [07/09up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、細胞についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 実は多機能、細胞膜|細胞ってなんだ(2) 細胞の世界を探検中のナスカ。前回は細胞膜がとて...

  • 実は多機能、細胞膜|細胞ってなんだ(2) [07/07up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、細胞についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 生物はすべて細胞からできている|細胞ってなんだ(1) 細胞の世界を冒険中のナスカ。からだ... [ 記事を読む ]

  • 生物はすべて細胞からできている|細胞ってなんだ(1) [07/03up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、細胞についてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 生命誕生の起源 解剖生理学の面白さを知るため、身体を探る旅に出たナスカ。生命誕生のカギが... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 血液の成分は何? [12/31up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は血液の成分について説明します。 血液の成分は何? 血液には、流れる結合組織という別名があります。ふつうの組織は、細胞と細胞の間に細胞間隙という空間があり、そこに組織間... [ 記事を読む ]

  • 人間の心臓を持たずに外に出たバスケットボーイ―人工心臓の進化 [04/11up]

    人工心臓をつけた場合、入院を余儀なくされることが多いでしょう。しかし、そんな常識に希望をもたらしたのが、今回ご紹介する、あるアメリカ人の男性です。   その男性とは、ミシガン州のイプシランティという町に住む24歳のスタン... [ 記事を読む ]

  • 内分泌系の中枢はどこにあるの? [09/11up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「内分泌官の中枢」に関するQ&Aです。 内分泌系の中枢はどこにあるの? ホルモンシステム(系)全体をコントロールしているのは、間脳(第三脳室底部)にある視床下部です。... [ 記事を読む ]

  • 心臓の血液が逆流しないのはなぜ? [05/27up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 興奮すると胸がドキドキするのはなぜ? 今回は「血液が逆流しない仕組み」に関するQ&Aです。   心臓の血液が逆流しな... [ 記事を読む ]

  • 失禁のメカニズム [12/19up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 排尿を我慢できるのはなぜ? 今回は「失禁」に関するQ&Aです。   失禁のメカニズム 尿を膀胱内にためておくことができず、不随意に出ることを... [ 記事を読む ]

いちおし記事

「白衣の戦士!」で学ぶ癒着性腸閉塞の治療とケア

この春始まった新ドラマを題材に、ナースに必要な医学知識を楽しく解説! [ 記事を読む ]

JCSっていつ、どんなときに使うの?

患者さんを見て、すぐに「JCS●点!」って評価できますか? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

看護師の仕事は好きですか?

投票数:
1333
実施期間:
2019年04月05日 2019年04月26日

腰が痛くて困ったことはありますか?

投票数:
882
実施期間:
2019年04月12日 2019年05月03日

職場の飲み会でお酌しますか?

投票数:
869
実施期間:
2019年04月16日 2019年05月07日

【転職経験者さん限定】前の病院と違っていて驚いたことありますか?

投票数:
458
実施期間:
2019年04月19日 2019年05月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者756

以下のうち、小児の原始反射ではないものはどれでしょうか?

  • 1.モロー反射
  • 2.手掌把握反射
  • 3.足踏み反射
  • 4.パラシュート反射
今日のクイズに挑戦!