1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. いまさら聞けない!ナースの常識>
  4. 脈拍測定Q&A |いまさら聞けない!ナースの常識【31】

2014年07月29日

脈拍測定Q&A |いまさら聞けない!ナースの常識【31】

毎日の業務の中で触れているけど、『いまさら聞けない』ことってありませんか?

知っているつもりで実は説明できない基礎知識や、ちょっと気になるけど調べるほどでもないな、なんてこと。

そんな看護師の素朴な疑問を、元看護師ライターがこっそり教えます。

 

Vol.31 脈拍測定Q&A

 

【Q1】脈拍測定するときの指の置き方が分かりません

【Q2】不整脈のある患者さんに対して、「同時に心音聴取をするように」とプリセプターに言われたのですが、なぜ?

【Q3】初診や不整脈などの場合、きちんと1分間測定しないとダメなの?

【Q4】患者さんの血圧が低いため橈骨動脈が触れません。どうすればよい?

 

【Q1】脈拍測定するときの指の置き方が分かりません

【A】脈拍は「第三指の指腹で測定する」とうまく測れる。まず、自分の第2指~第4指をそろえて第一関節より末梢側を、患者さんの橈骨動脈の真上に置く。どの指でも脈拍は触知できるが、真ん中にある第3指で拍動を感じ取るようにすると、無理な力が入らずに測定ができる

 

 

【ワンポイントアドバイス!

脈拍を測る際の「やりがちな失敗」を紹介する。ぜひ参考にされたい。

 

母指で測定しようとすると、自分の脈拍を捉えてしまうためうまく数えることができない

患者さんの脈拍に対して自分の指を垂直にしてしまうと、うまく脈拍を捉えることができない。指先部分は感覚が鈍いためである

自分の指の第一関節が橈骨動脈にかかるような位置での計測も、感覚が鈍いためうまく測定できない

 

【Q2】不整脈のある患者さんに対して、「同時に心音聴取をするように」とプリセプターに言われたのですが、なぜ?

【A】不整脈とは、脈拍のリズムから規則的あるいは不規則に脈拍を感じないこと(欠損)がある状態をさす。この場合、正確な脈拍の欠損数を把握するため、脈拍測定と同時に心拍を聴取する必要がある。

 

例えば、期外収縮による不整脈の場合、心室内に末梢まで送り出せるだけの血液が充満する前に心臓の拍動が起こっている。そのため、末梢まで血液が届かず、心拍が聴取できても脈拍は触知できない、という状況となる。

 

【ワンポイントアドバイス!】

脈拍は、基本的には心拍数と一致し、左右差や測定部位による測定数の差はない。もし差がある場合は、測定方法や計算方法の間違いか、循環器系の疾患があると考えられる。

 

【Q3】初診や不整脈などの場合、きちんと1分間測定しないとダメなの?

【A】初診や除脈や不整脈がある場合は、必ず1分間計測する。特に脈拍に問題が無い患者さんの場合は、30秒間計測で2倍にし、1分間の脈拍数としてもよい。

 

【ワンポイントアドバイス!】

新生児の場合、特に不整脈と感じなくても、1分間測定が原則。新生児は、胎児循環(肺での呼吸を行わない循環)から成人循環(肺での呼吸を伴う循環)へ変わる時期であり、心臓自体の機能も大きく変わる。この時期には脈拍数やリズムの変動が起こりやすいため、1分間の測定を行う。

 

【Q4】患者さんの血圧が低いため橈骨動脈が触れません。どうすればよい?

【A】血圧低下時など、橈骨動脈での脈拍触知が難しい時は、総頸動脈や大腿動脈で脈拍を測定する。通常はあまり測定には使用しないが、総頸動脈は衣服などに隠れることが少なく、比較的測定しやすい部位である。

 

【ワンポイントアドバイス!】

一般的に、総頸動脈で脈拍を測定する場合は、第二指で行う。頸部の顎のすぐ下側のあたりに脈拍を触れる箇所がある。仰臥位で、枕を外して顎を少し拳上し、頭を少しだけ測定する側と逆向きに倒すと、測定がしやすい(つまり、左の総頸動脈で測定する場合、少しだけ右側に倒す)。もし総頸動脈が分かりにくい場合は、まず自分の頸部で確認してから、患者さんの頸部で探してみるとよい。

 

【岡部美由紀】

この連載

  • 体温測定Q&A [08/12up]

    毎日の業務の中で触れているけど、『いまさら聞けない』ことってありませんか? 知っているつもりで実は説明できない基礎知識や、ちょっと気になるけど調べるほどでもないな、なんてこと。 そんな看護師の素朴な疑問を、元看護師ライタ... [ 記事を読む ]

  • 脈拍測定Q&A [07/29up]

    毎日の業務の中で触れているけど、『いまさら聞けない』ことってありませんか? 知っているつもりで実は説明できない基礎知識や、ちょっと気になるけど調べるほどでもないな、なんてこと。 そんな看護師の素朴な疑問を、元看護師ライタ...

  • 血圧測定Q&A [07/15up]

    毎日の業務の中で触れているけど、『いまさら聞けない』ことってありませんか?   知っているつもりで実は説明できない基礎知識や、ちょっと気になるけど調べるほどでもないな、なんてこと。そんな看護師の素朴な疑問を、元看護師ライ... [ 記事を読む ]

  • 罨法(あんぽう) [05/27up]

    毎日の業務の中で触れているけど、『いまさら聞けない』ことってありませんか? 知っているつもりで実は説明できない基礎知識や、ちょっと気になるけど調べるほどでもないな、なんてこと。 そんな看護師の素朴な疑問を、元看護師ライタ... [ 記事を読む ]

  • ドラッグデリバリーシステム [02/03up]

    毎日の業務の中で触れているけど、『いまさら聞けない』ことってありませんか? 知っているつもりで実は説明できない基礎知識や、ちょっと気になるけど調べるほどでもないな、なんてこと。 そんな看護師の素朴な疑問を、元看護師ライタ... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(35)

35匿名2014年08月13日 21時12分

なるほ

34匿名2014年08月03日 18時11分

勉強になりますね

33匿名2014年08月03日 13時20分

ふむふむ

32匿名2014年08月03日 13時19分

ふんふん

31匿名2014年08月03日 13時18分

脈で分かることあるよね 

30匿名2014年08月03日 13時17分

なる・・

29匿名2014年08月03日 13時15分

復習しよう 

28匿名2014年08月03日 13時15分

いまさら聞けないもんね

27匿名2014年08月03日 13時13分

なるほど

26匿名2014年08月03日 13時13分

へー

25匿名2014年08月01日 11時37分

基本

24匿名2014年07月31日 22時38分

勉強になります

23匿名2014年07月31日 22時32分

バイタルサイン大事

22匿名2014年07月30日 21時59分

またよろしく

21匿名2014年07月30日 14時28分

なるほど

20匿名2014年07月30日 07時54分

もっと知りたい

19匿名2014年07月30日 07時52分

そうなんだ~

18匿名2014年07月30日 07時10分

勉強になりました!

17匿名2014年07月30日 06時18分

勉強になりました!

16匿名2014年07月30日 02時51分

こういう記事はありがたい。

関連記事

いちおし記事

電池切れ|マンガ・ぴんとこなーす【226】

夜勤明けあるある!夜勤ハイがずっと続くと思いきや… [ 記事を読む ]

【イラストで解説!】消化器系の解剖生理

胆汁は胆嚢から放出されます。では、胆汁を作るのはどこでしょう? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

TV番組、毎週どれだけ録画してる?

投票数:
1275
実施期間:
2019年05月31日 2019年06月21日

院内のジンクス教えて!

投票数:
1114
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1089
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
1012
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
890
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日

エンゼルケアどこまでやっている?

投票数:
2161
実施期間:
2019年06月18日 2019年07月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者224

過敏性腸症候群のRome Ⅲ診察基準では、「半年以上前から腹痛や腹部不快感を繰り返し、特に最近3カ月は、月のうち3日以上ある」という症状のほか、3つの項目が当てはまることとされています。下記の選択肢のうち、その3つの項目に当てはまらないものはどれでしょうか?

  • 1.腹痛や腹部不快感は、排便すると軽くなる。
  • 2.症状とともに排便の回数が増えたり減ったりする。
  • 3.症状とともに便の形状が以前と変わった(柔らかくなったり硬くなったりする)。
  • 4.症状とともに発熱のような随伴症状、もしくは血便が見られる。
今日のクイズに挑戦!