1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 師長とのイザコザ解決策>
  4. 准看護師は師長をやっていいの?|師長とのイザコザ解決策【7】

2016年10月26日

准看護師は師長をやっていいの?|師長とのイザコザ解決策【7】

こんにちは。看護の悩み請負人のサトです。

私は元看護師ですが、今はナースからの悩み相談を仕事にしています。

 

さて、今日のお悩みは?

 

師長とのイザコザ解決策【7】

准看護師は師長をやっていいの?

 

◆ナースのお悩み

 

介護施設で働いている看護師です。

高齢者の看護が好きなので介護施設も経験してみたいと思って転職しました。

 

そうしたら…!

師長(管理職)が准看護師だったんです。

 

私の感覚としては、驚いてしまって…。

施設長に、「准看護師が管理職をしてもいいのですか?」と聞きました。

 

すると施設長は、「彼女はベテランなので、管理職を任せている」という回答でした。

 

実際、師長は経験豊富で頼りになります。

優しく、質問すると丁寧に答えてくれます。

 

でも、この体制にほんとうに問題がないのか気になってしまって…。
介護の業界では准看護師でも役職につくのは当たり前ですか??

 

モヤモヤしたままでは、一緒に働いていけません。

どうしたらいいのでしょうか?

 

 

◆目次◆

 

 

准看護師の上司にはこのように伝える

「管理職と看護スタッフの責任範囲を教えていただけますか?」

 

准看護師の上司にはこう伝えてみましょう。

 

ポイントは、管理の仕事(マネジメント)と、看護の仕事の役割分担を明確にして、互いに確認することです。

 

でも、そもそも看護師の上司を准看がすることはできるのでしょうか?

 

答えとしては「可能」なのですが、看護師として注意すべき事柄がいくつかあります。

 

最初に、今回の前提となる看護師と准看護師の違いを解説しますね。

 

 

【看護師と准看護師の違い】「指示を出す」か「指示を受ける」か

日本看護協会ホームページより作成)

 

看護師と准看護師の法律上の大きな違いは、「医師・歯科医師または看護師の指示を受けて(中略)行う」と定められている部分です。

 

つまり、看護師は「指示を出す」役割、准看護師は「指示を受ける」役割、ということです。

 

これが、「保健師助産師看護師法」(保助看法)に定められています。

 

 

【法律上NGなこと】トラブルを防ぐために

看護師と准看護師は教育内容も違います。

准看護師であっても、経験を重ねながら勉強していけば、知識量も増え、実務上の臨床判断も可能になるでしょう。

 

そのような経験値を評価して、施設長は「彼女はベテランなので」と言っているのだと思います。

 

しかし、看護師と准看護師は責任範囲が違う資格として法律に定められているので、社会的な責任をとることができない場合があります。

 

たとえば、何かトラブルが起こったときです。

 

上記の「保健師助産師看護師法」(保助看法)に定められているのは、違反した場合に罰則のない内容です。

しかし、何かトラブルによって損害を受けた人が、損害賠償を求める民事裁判を起こした場合に、「准看護師が看護師の指示を受けずに行っていた」という違反が施設側にとって不利な証拠になります。

 

あってはならないことですが、たとえば准看護師が誤薬投与をした(その結果患者さんに不利益があった)という場合に、看護師は指示をしなければならない立場にあったのではないか、などの論点に発展する可能性はあるということです。

 

このようなケースを避けるために、「管理職と看護スタッフの責任範囲を教えていただけますか?」として、役割分担を明確にしておくことが大切です。

 

 

【管理職の役割】スタッフが元気で働くために

管理職の役割を、ここでは大きく2つに分けて説明したいと思います。

 

1. スタッフの行動の責任をとる役割

 

2. スタッフが元気に働くために環境を整える役割

 

かなり大まかですが、ざっくり分けるとこの2つです。

管理職の役割は組織によって異なり、それは職務規定に定められています。

 

組織によっては、スタッフの行動の責任をとるという役割もあります。

 

今回の場合は准看護師が管理職なので、ケアの面では法律上は指示系統が逆転しています。

そのため、どちらが責任を取る役割になるのかが曖昧で、スタッフとしては不安が残ります。

 

しかし、2つめの「スタッフが元気に働くために環境を整える役割」については、資格に関係なく担うことができます。

 

スタッフが元気に働くために、ヒト・モノ・カネを調整しながら環境を整える役割です。

 

そのためには、サービスを受ける対象(利用者)に実際にケアをするのは、看護師や介護職に任せるという役割分担が生じます。

 

2つめの役割を准看護師の上司に担ってもらいたいときには、管理職と看護スタッフの役割分担を明確にして、合意することが重要です。

 

 

【解決方法】役割分担を明確にすること

看護師と准看護師は教育内容が違います。

上記の「保助看法」で定められているように、准看護師は看護師の指示のもとに看護をします。

准看護師でも経験を重ねながら勉強をしていけば、知識量も多くなり、さらに臨床判断もできるかもしれません。

 

しかし、法律で決められている以上は、看護師と同じようにミスをした場合でも責任を取ることはできず、ともすれば、一緒に働いていた看護師の方が責任を負うことになるかもしれません。

 

そんなことを考えると、看護師が准看護師の部下として働くとき、自分を誰が守ってくれるのかと不安になるでしょう。

 

だからこそ、責任範囲をはっきりさせ、「看護の責任範囲」と「管理職の業務」の役割分担をすることが大切です。

互いの役割を認識し合うことで、本来の目的である「利用者へのケアの向上」に一緒に取り組むことができます。

 

 

ただ、もしあなたが「准看護師の上司」からは学ぶことがなく、「看護師の上司」でなければ学べないことがあると思うのだとしたら、勤務先を考え直さなくてはならないかもしれません。

 

でも、私自身は准看護師の勤勉さとその能力には感心することが多いと思っています。

 

資格が違っても、この上司から学びたい・一緒に働きたいと思える要素があるのなら、責任範囲を明確にすることで、トラブルは回避することができます。

優しく話しやすい上司ならなおさらです。

 

自分がめざす看護は何なのか、明確にしたうえで上司と話し合ってみてください。

 

(文)

看護の悩み請負人 サト

 

(イラスト)

香川尚子(ホームページ)

 

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(10)

10笑える2017年01月31日 02時00分

准看が管理職とかあり得ない。

9コメント5さんへ2016年10月27日 00時48分

資格に差があるので業務に区別があるのです。

8匿名2016年10月27日 00時28分

准看の制度ができた頃には介護施設なんて殆ど存在しなかった時代背景も含めた見解を聞きたいな。

7匿名2016年10月27日 00時24分

准看護師が管理職の職場にいたことあります。准看護師が看護師に命令口調で怒鳴りながら指示出してました。

6オバチャン2016年10月26日 13時08分

なにより、師長になる時に、施設側も看護師になるための学費負担位してその准看護師の人に通信受けてもらえないかと言えば良かったのに。
施設がセコいw

52016年10月26日 12時43分

差別反対

4らら2016年10月26日 08時48分

歪みのあることを無理してやろうとすればトラブルも起こりやすい。可能不可能かかわらず近寄らぬが正解。

3さぶ2016年10月26日 08時43分

「師」でないが「師」の長になるということは看護業務を行う上では部下の指示を仰ぐ器の大きさがなければ務まらない。師長側が割り切れるのか?

2さっこん2016年10月26日 08時24分

一般企業の無資格の腕利きの部長が師長になるようなもの。
私が医師免許なく医局長になるようなもの。

1まい2016年10月26日 06時13分

めんどくさ

関連記事

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1489
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
606
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
768
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
531
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
393
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
329
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1178

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!