1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. マンガ・ブランク16年の私が看護師に復帰した話>
  4. ブランク16年の私が看護師に復帰した話【マンガ・第1話】

2016年10月21日

ブランク16年の私が看護師に復帰した話【マンガ・第1話】

ブランク16年の私が看護師に復帰した話【第1話】

ブランク16年の私がナースに復帰した話 第1話 訪問看護に同行してみた話

なぜ私が看護師に復帰したかというと、そのきっかけは友人ナースに話を聞いたから。「訪問看護をやってるんだけど、楽しいよ!」と聞き、私の現役時代にはまだ少なかった訪問看護に興味をもったのです。取材がてら見学させて!!ということで、同行させてもらいました。

しかし訪問看護は私が思っていたのとは随分違い・・・1日で5軒のお宅を周り、ケアをする・・・終了する頃にはゼイゼイしておりました。こんなんじゃ復帰なんて全然無理だわ・・・。16年も看護の現場を離れるってこういうことか・・・(遠い目)。

そもそも私はマンガ家として、作風に迷いが生じていたりして、仕事は楽しいけれど人と接することがほとんどない現状にちょっともやもやしていたのです。それを友人に相談すると、「じゃあ復帰したらいいよ!!」と即答されました。おいおい人の話聞いてたのか。彼女いわく、「看護は生きてきたことすべてが役に立つ仕事なんだから」とのこと。

主婦だったり子育てしたり、嫁姑のことまで、結局ぜんぶ、看護に役立った。きっとマンガ家の経験だって、役に立つよ!とのこと。・・・ほんとかなあ・・・。でも、そのとき自分の人生が肯定されたような気持ちになったのは確かです。できるかどうかわからないけれど、やってみようかなあ・・・。私の無謀な挑戦が始まってしまう、かもしれません。

・・・第2話へ続く・・・

 

【著者プロフィール】

広田奈都美(ひろた・なつみ) HP

漫画家・看護師。某地方総合病院にて勤務後、漫画家としてデビュー。著書は「僕達のアンナ」(集英社)、「お兄ちゃんがコンプレックス」、「ママの味・芝田里枝の魔法のおかわりレシピ」(秋田書店)他。

 

この連載

  • いざ復職セミナーへ [01/22up]

    ブランク16年の私が看護師に復帰した話【第4話】     【著者プロフィール】 広田奈都美(ひろた・なつみ) HP 漫画家・看... [ 記事を読む ]

  • 復帰への一歩を踏み出した話 [12/18up]

    ブランク16年の私が看護師に復帰した話【第3話】     【著者プロフィール】 広田奈都美(ひろた・なつみ) HP 漫画家・看護師。某... [ 記事を読む ]

  • 看護師に圧倒された話 [11/08up]

    ブランク16年の私が看護師に復帰した話【第2話】   ・・・第3話へ続く・・・   【著者プロフィール】 広田奈都美(ひろた・なつみ)... [ 記事を読む ]

  • 第1話 看護師の漫画を描こうと思ったら [10/21up]

    ブランク16年の私が看護師に復帰した話【第1話】 ・・・第2話へ続く・・・   【著者プロフィール】 広田奈都美(ひろた・なつみ) HP 漫画家・看護師。某地...

  • マンガ・ブランク16年の私が看護師に復帰した話【全記事まとめ】 [12/16up]

    【1】看護師の漫画を描こうと思ったら 【2】看護師に圧倒された話 【3】復帰への一歩を踏み出した話 【4】いざ復職セミナーへ 【5】いざ復職セミナーへ② 【6】いよいよ再就職!面接へ! 【7】面談... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(5)

5匿名2016年10月22日 19時53分

ブランク16年でも しっかり下積みがあってなんだろなと思いました!

4匿名2016年10月21日 21時22分

ブランクある人でも頑張ってますよ

3みこ2016年10月21日 19時02分

面白そう
続きが楽しみです

2匿名2016年10月21日 17時53分

私もブランク10年からの復帰で15年経ちました。
意外と身体や脳が覚えているもんです。頑張ってください。

1匿名2016年10月21日 09時09分

このマンガが役にたつと嬉しいです!

関連記事

いちおし記事

ナースコールが多い人の特徴

ナースコールがないのは、平穏な証拠…とは限りません。 [ 記事を読む ]

結核疑いの患者さんは「◯◯室」に入室。さて、◯◯に入るのは?

結核は、集団感染が起こりやすい疾患の一つです。集団感染を引き起こさないために、結核の疑いのある患者さんにはどのような部屋に入ってもらうでしょうか?検査法などとともに解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

夜勤手当、いくらが妥当?

投票数:
639
実施期間:
2017年11月24日 2017年12月15日

院内勉強会…。忙しくても「出席したい」と思うテーマは?

投票数:
1417
実施期間:
2017年11月28日 2017年12月19日

摘便って得意?

投票数:
543
実施期間:
2017年12月01日 2017年12月22日

インフルエンザの症状、何がいちばんツラい?

投票数:
520
実施期間:
2017年12月05日 2017年12月26日

「これは腰にくる…」どの場面が一番ツラい?

投票数:
456
実施期間:
2017年12月08日 2017年12月29日

仕事で使うボールペン、推しメーカーある?

投票数:
385
実施期間:
2017年12月12日 2018年01月02日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者196

88歳男性の入院患者のAさん。強い便秘症状があり、自宅では毎日下剤を内服しており、入院後もその下剤を持参して服薬しています。「昨日は少量の便が出たが、下の方の腹が重苦しいし、腹が膨れてきた。張って苦しい」と訴えます。今日は硬便が少量あり、医師により指示されたグリセリン浣腸を実施しました。しかし、反応便は水様便少量と排液のみで、腹部症状の改善は見られませんでした。看護師のあなたがAさんに次に行う対応で最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.直腸に便がないか直腸診を試みる。
  • 2.再度グリセリン浣腸を実施する。
  • 3.グリセリン浣腸後、摘便を実施する。
  • 4.経過観察とする。
今日のクイズに挑戦!