1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. ナースのお悩み処方箋>
  4. ナースのお悩み処方箋【14】自信は声に出る

2013年04月08日

ナースのお悩み処方箋【14】自信は声に出る

「自信は声に出る」

看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | ナースのお悩み処方箋【14】自信は声に出る


私の中で、ひとつだけ、仕事上のモットーがあります。
それは『何かを言う時は、大きな声で、はっきり発音する』ということ。

新人時代、不勉強なことを患者さんに訊かれて、ちゃんと説明できず、ボソボソしゃべって場を濁そうとしたことがあります。
その場にいた先輩看護師に「何を言ってるのか聞こえなければ、説明の意味がない。無駄」とばっさりやられてしまいました。

特にお年寄りは耳が遠くなっているのですから、ボソボソしゃべったところで、何も聞こえなくて、無用なストレスを与えてしまうでしょう。
相手が何を言っているのかわからない、というのは、思っている以上にストレスになるものです。

たとえば、あなたが風邪をこじらせて入院したとしましょう。
担当になった看護師がボソボソとしゃべる人だったら……どうでしょう?

はっきりしゃべれ!と、イラッとしませんか?
この人、自信がないのかなと不安になりませんか?

少し考えてみましょう。
あなたはどんな時に、声が小さくなってしまいますか?
逆に、どんな時に、つい声が大きくなってしまうのでしょうか。

『自信のない時』や『不安な時』に、人はつい声が弱くなってしまうものです。

自信がない時は、声に出ます。
自信がある時も、声に出ます。

新人のうちや、部署異動・職場を変えた直後など、まだ勝手がわからず、患者さんやドクターなどのスタッフ対応の言葉も小声になりがち。
でも、その小声が、患者さんに不安を与えるのです。

自信があってもなくても、はっきり話すことで、相手に不安を与えないことができるのです。
もし、不勉強でわからないことがあったとしても、正直に謝りながら、それをはっきりと説明した上で解決策を示せば、逆に信頼を覚えてもらえるものです。

元気な声で、患者さんに元気を分け与えることができる看護師――なんだか素敵な響きだと思いませんか?

 

 


 【岡田久美】 兵庫県出身。看護書籍の編集とゲームシナリオライターを本業に、フリーの看護師として活躍中。いつでもどこでもどんなところでも勤務できるオールマイティな看護師を目指し、これまでの勤務職場は病院、クリニックなど30以上。

著書に「看護師の流した涙」(ぶんか社)がある。

この連載

  • 「大したことない」患者さん [05/13up]

    「病気になること、それはその人にとっての一大イベント。 たとえそれが、どんなに小さな病気でもね」     ナースという職業上、健康な人に接するよりは、どこかが不自由だったり、何らかの疾患を得ていたりする人に... [ 記事を読む ]

  • ちょっとくらい手を抜いても、いいよね? [04/15up]

    「雑な仕事は必ず患者さんに見られている。  けど、丁寧な仕事も必ず見られている」 お恥ずかしいことですが、私は3~5年に1度は入院する人です。 なので、看護師としての目線で、入院先病院の看護師さんの動きを観察し... [ 記事を読む ]

  • 自信は声に出る [04/08up]

    「自信は声に出る」 私の中で、ひとつだけ、仕事上のモットーがあります。 それは『何かを言う時は、大きな声で、はっきり発音する』ということ。 新人時代、不勉強なことを患者さんに訊かれて、ちゃんと説明できず、ボ...

  • もう失敗は嫌!デキるナースになれるのはいつ? [01/23up]

    「早く歩こうが、ゆっくり歩こうが、目的地があるならいずれ辿り着ける」 あなたは、どんな看護師になりたいですか? なりたい具体像があるのなら、それに向かって進んでいけばいいんです。 大きなものじゃなくても大丈... [ 記事を読む ]

  • 1人で決断するのが怖いんです・・・ [01/09up]

    「砕け方を覚えれば、砕けるのも怖くなくなるものよ」 業務上、シビアな判断を迫られる場面は、ドクターの方が多いとはいえ、看護師にもないわけではありません。 例えば患者さんが急変したとき。 ご家族に意見を求めら... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(26)

26匿名2014年07月14日 10時26分

先輩にもっと声張らないと!っていわれます
自信のなさのあらわれですもんね

25匿名2014年06月22日 02時22分

先輩に威圧されるとダメ

24匿名2014年06月22日 02時19分

声小さくなっちゃうなぁ

23匿名2014年06月22日 02時16分

そうは言っても・・・

22匿名2014年06月08日 13時51分

声も大切になんですね。

21匿名2013年12月20日 08時16分

あー自分のことだー

20匿名2013年12月17日 13時30分

気を付けます

19匿名2013年12月14日 13時15分

確かに。

18匿名2013年11月09日 10時52分

なるほど!

17匿名2013年11月06日 19時52分

わたしも小さくなっちゃう。気を付けよ。

16とくめい2013年10月02日 22時53分

患者様も見てます。対応がビミョーだと次回から相談もされません。声に現れているんだって思います。

15匿名2013年07月27日 10時59分

気をつけます。

14かろろん2013年06月18日 20時11分

やっぱり患者さんには自信のなさって伝わりますよね。気を付けなきゃ><

13匿名2013年06月09日 00時24分

気をつけよ

12ひろ?2013年05月25日 21時52分

声大事

11匿名2013年05月11日 17時51分

なるほど、、
きおつけないと。

10匿名2013年04月20日 20時20分

声って大事ですよね。 その人を表すものでもあるし、聞いてて気持ちのいい声になりたいと思います。

9匿名2013年04月15日 01時46分

そうだと思います。私はもともと声が小さいので損することが多く、声が大切というのはほんとに実感しています。声が大きければなぁ〓。

8匿名2013年04月13日 14時55分

自信を持って働いてみます!

7匿名2013年04月12日 14時00分

確かに自信は声に表れますね。

関連記事

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

今期のドラマ、何が楽しみ?

投票数:
2541
実施期間:
2019年10月25日 2019年11月15日

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1298
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1199
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1049
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1009
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
794
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
298
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者7923

◆救急の問題◆以下の中で、ショックの5Pに当てはまらない徴候はどれでしょうか?

  • 1.蒼白(Pallor)
  • 2.冷汗(Perspiration)
  • 3.奇異呼吸(Paradoxical breathing)
  • 4.呼吸不全(Pulmonary insufficiency)
今日のクイズに挑戦!