1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 保育園看護師・乳児園看護師>
  4. 乳児院で子どもを「育てる」看護師になるには?有利な経験・準備

2015年04月23日

乳児院で子どもを「育てる」看護師になるには?有利な経験・準備

乳児院看護師の仕事【3】

乳児院看護師になるには?有利な経験・準備

 

乳児院で活躍する看護師については、医療機関ほど知られていない現状があります。

乳児院の求人情報は見たことがないという看護師も多いのではないでしょうか。

 

 

一般公募よりもクチコミが近道

結論から言えば、乳児院で働くには、クチコミや知人のつてを辿るのが一番近道です。

乳児院看護師の募集があまりないのには、三つの理由が考えられます。

 

一つ目は、乳児院自体の数が少ないこと。

現在、乳児院は全国に129か所あります。医療機関に比べれば圧倒的に少なく、当然求人数も限られます。

 

二つ目は、ボランティアスタッフが入職するケースが多いこと。

ボランティア活動を積極的に受け入れている乳児院も多くあります。

そのようなケースでは、ボランティアで日頃から慣れ親しんだスタッフを職員として迎え入れることがよくあります。

 

子どもにとっても、「新しい初めての人」が急に自分の身の回りの世話をしてくれるよりも「いつも会う好きな人」が自分の身の回りの世話をしてくれる方が警戒心を持つことなく安心して今まで通りに普段の生活を送ることができます。

そのため、ボランティアスタッフを職員に採用することが多いのです。

 

三つ目は、職員の入れ替わりがあまりないこと。

子どもとの信頼関係を考え、長く勤める看護師が多いのも理由のひとつです。

 

二つ目とリンクしますが、子どもが安心して過ごすためにも、成長するためにも、信頼できる大人がそばにいてくれることが重要です。

乳児院は家庭と同じ。日常生活が一般家庭と同じように「変わらない居場所」になるよう、乳児院で働く看護師は長く勤める傾向にあることも求人情報が多く出回らない一つの理由です。

 

 

まずはボランティアからスタート

口コミが近道と聞いても、知り合いの看護師が乳児院で働いているなどでない限り、乳児院の内部についての情報を得るのはなかなか難しいはずです。

 

そのような場合には近くの乳児院でボランティアに参加してみてはどうでしょうか。

乳児院に直接ボランティア活動を受け入れているか問い合わせれば、状況がわかります。

まだボランティア活動を受け入れていない場合には、看護師を受け入れる可能性が今後出てくるのかも含め相談することもできます。

 

ちなみに、ボランティアの内容は、絵本の読み聞かせやイベントの企画、園庭の手入れなど看護師の仕事に限らず様々なものがあります。

町内会などの地域単位でボランティアに参加している場合もありますので、周りにそのような環境がないかリサーチすることも大切です。

 

 

必要な経験、準備は?

乳児院では、そこで生活をする子どもたちの親代わりになるという視点からやはり子どもに関わった経験のある人が重宝されます。

 

  • ・小児病棟、小児外来など小児医療での看護師勤務経験
  • ・保育園看護師の経験
  • ・子育て経験

 

私が働いていた乳児院のスタッフも、全員がそれぞれ小児科の経験や子育ての経験がある方々でした。

乳児院では子どもとのコミュニケーション力や幅広い子どもに関する知識・スキルが強く求められるため、新人の入職はあまりありません。

 

 

お給料・勤務体制などの就労条件

乳児院は、家庭と同様に24時間体制で子どもに対応する必要があるため、看護師も24時間交代制で勤務することになります。

医療機関と同じように夜勤勤務にはもちろん手当てがつきます。

 

1施設に勤める看護師は、規模によって異なります。

  • 乳児10人以上の施設の場合:乳児10人に対して看護師は2人以上
  • 乳児10人以下の施設の場合:乳児7人に対して看護師は1人以上

 

勤める看護師が多くないので、お休みや勤務日を調整することはかなり難しいのが現状のようです。

 

私が勤務していたところでは、看護師は2人勤務でどちらかが必ず勤務に入るように調整しながらシフトを組んでいました。必ず自分の希望にそった休みが取れるとは限りません。

昇給や賞与、退職金制度なども含めた待遇面は乳児院によって異なるため、実際に働く際にはそれぞれの施設に確認することが必要です。

 

(参考)社会的養護の施設等について(厚生労働省)
 

この連載

  • 乳児院【3】乳児院看護師になるには [04/23up]

    乳児院看護師の仕事【3】 乳児院看護師になるには?有利な経験・準備   乳児院で活躍する看護師については、医療機関ほど知られていない現状があります。 乳児院の求人情報は見たことがないという看護師も多いのではな...

  • 乳児院【2】乳児院看護師の役割 [04/16up]

    乳児院看護師の仕事【2】 乳児院看護師の役割は「看護」だけではない   乳児院は「家庭」であり、看護師もその一員 乳児院で生活を送っている乳幼児にとって、乳児院は家庭であり、そこで働き関わるスタッフは皆親代わ... [ 記事を読む ]

  • 乳児院【1】子どもを守る「乳児院」って何? [04/09up]

    「乳児院」と聞いて、どんな場所か想像がつくでしょうか? 私は乳児院で看護師として働いていましたが、正直、働くことになるまでは、その実情をあまり知りませんでした。 近年、子どもへの虐待や育児放棄など様々な問題がニュースで日... [ 記事を読む ]

  • 保育園【3】保育園看護師の採用で有利になる経験とは? [04/02up]

    保育園看護師という職種がだんだんと認知されるようになってきた今、「どうしたら保育園看護師になれるのか?」という疑問も合わせて多くなっています。 医療現場とは違う保育の現場で働く看護師になるには、どのようにしたら良いのか、保育園... [ 記事を読む ]

  • 保育園【2】保育園での居場所はどこに?「保育園看護師」の一日 [03/26up]

    病院やクリニックとは違うので、「保育園で働く保育園看護師はどんな流れで動いているの?」と疑問を持たれる方も多いと思います。 実は、保育園の機能によって看護師の一日の業務はまったく違ってきます。   保育業務に携わる... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(5)

5匿名2017年01月08日 23時39分

保育士と迷って看護師目指したクチです。乳児院含めて児童福祉に関わりたいと思ったけど、道のりは遠そうですね。経験を積まないと。

4匿名2015年05月03日 16時27分

めいっこも入ってた

3匿名2015年05月01日 03時35分

小児は難しいイメージ

2匿名。2015年04月25日 07時59分

知らない世界です。色んな働きかたがあるんですね

1匿名2015年04月23日 20時34分

責任が重く、大変な仕事ですね。でも必要とされていますね。

関連記事

いちおし記事

足音ソムリエ|マンガ・ぴんとこなーす【297】

ナースの五感は、こんなところにも使われる!? [ 記事を読む ]

新型コロナで、人もマスクも手袋も足りない!

マスクの使用制限があるかのアンケート結果や日護協が国へ出した要望など紹介! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

実習中の看護技術、どれに苦労した?

投票数:
3178
実施期間:
2020年03月20日 2020年04月10日

1日がかりの院外セミナー。ランチは何がベスト?

投票数:
1251
実施期間:
2020年03月24日 2020年04月14日

【エイプリルフール】人生最大級の「嘘」おしえて!

投票数:
1159
実施期間:
2020年03月27日 2020年04月17日

めちゃくちゃ疲れたときの「自分へのご褒美」ある?

投票数:
1118
実施期間:
2020年03月31日 2020年04月21日

ついつい職業病が出ちゃうときってどんなとき?

投票数:
1018
実施期間:
2020年04月03日 2020年04月24日

2019年度有給休暇ちゃんと取得できた?

投票数:
798
実施期間:
2020年04月07日 2020年04月28日

実習期間中、何のバイトしてた?

投票数:
272
実施期間:
2020年04月10日 2020年05月01日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5721

◆アセスメントの問題◆中心静脈圧について正しいものはどれでしょうか?

  • 1.中心静脈圧の評価のため、45度ヘッドアップして頸静脈を観察した。
  • 2.中心静脈圧には尿量や体重の変化は関係しない。
  • 3.中心静脈圧は左心房内圧の上昇を反映している。
  • 4.中心静脈圧の推定は外頸静脈の観察が最も適している。
今日のクイズに挑戦!