手浴の準備・実施方法

【監修】

札幌保健医療大学保健医療学部看護学科

教授 小島 悦子

 

「手浴」の必要物品

(1)洗面器 (2)お湯入りバケツ (3)水入りピッチャー (4)小ピッチャー (5)石けん (6)タオル(手拭き用) (7)防水シーツ (8)固定用枕 (9)汚水用バケツ (10)新聞紙

(1)洗面器
(2)お湯入りバケツ
(3)水入りピッチャー
(4)小ピッチャー
(5)石けん
(6)タオル(手拭き用)
(7)防水シーツ
(8)固定用枕
(9)汚水用バケツ
(10)新聞紙

 

 

「手浴」の実施手順

(1)患者さんに手浴の目的・方法・時間を説明し、了解を得る

(2)ベッドの頭側を高くした状態で、腕を掛物から出し、固定枕を使用しながら安楽な姿勢に整える


(3)防水シーツを敷き、手をバスタオルで覆う

 

(4)39~41℃の湯を準備し、患者さんに湯温を確認してもらう

患者さんに知覚鈍麻(どんま)や麻痺がある場合は、健側(けんそく)で湯温を確認してもらう


(5)洗面器のふちに手首が当たらないよう、手をお湯に入れる

(6)ガーゼをお湯に浸し、手の甲を覆い、その間にガーゼに石けんをつけて泡立てる

 

■ポイント■

お湯に浸しておくと汚れが落ちやすくなる

 

(7)泡立てた石けんがついたガーゼで、手掌や指間を洗う。手は下から支える

 

 

(8)ピッチャーに湯を準備し、湯温を確認してもらったら、かけ湯をして石けん分をしっかり洗い流す

お湯の熱さを確認し、広範囲にお湯をかけて、しっかり洗い流す

 

(9)手をタオルで包み、洗面器をはずす

 

 

(10)タオルで念入りに水分を拭き取る。指間もしっかり拭く

(11)タオルと防水シーツをはずし、寝衣や寝具、体位を整える

 

■ポイント■

必要に応じて、爪切りや保湿クリームをつけるなどのケアをおこなう

SNSシェア

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ