足浴の準備・実施方法

【監修】

札幌保健医療大学保健医療学部看護学科

教授 小島 悦子

 

「足浴」の必要物品

(1)足浴用洗面器

(2)水入りピッチャーかけ湯用ピッチャー

(3)防水シーツ

(4)お湯入りバケツ

(5)水温計

(6)汚水用バケツ

(7)新聞紙

 

「足浴」の実施手順

(1)患者さんに足浴の目的・方法・時間を説明し、了解を得る

(2)両ひざを立てて、固定枕を挿入し、濡れないように寝衣をめくり、掛物で両足をくるむ

■ポイント■

固定枕を入れたあと、掛物でひざをくるむことで、保温がしっかりできる

 

(3)患者さんの両足を支えながら、足元にバスタオルを敷く

 

(4)保温のためバスタオルで足を覆い、お湯の準備をする

(5)洗面器の湯量と湯温を確認する

 

■ポイント■

【お湯の量】は足の甲がつかる程度

【お湯の温度】は39~40℃を目安にして調節する

 

(6)患者さんの足にかけ湯をして、温度と湯温を調節する

 

■ポイント■

知覚鈍麻や麻痺がある場合、温度の確認は健側でおこなう

 

(7)洗面器の縁がふくらはぎにあたらないように、膝を立てる

 

⇒足底を着地させると姿勢が安定する

 

(8)ガーゼに石けんをつけ、泡立てて洗う

 

 

(9)指の間もしっかり洗う

 

■ポイント■

足の裏は、くすぐったさを軽減するために、少し強めにこする

■ポイント■

お湯の汚れ具合や湯温の低下に応じて、適宜お湯を交換する

 

(10)ピッチャーにお湯を準備し、湯温の熱さを確認しながら、片足ずつ足全体にお湯をかけて石けん分を洗い流す

 

(11)片方の足を洗い流したら、そのままバスタオルでつつむ。もう一方の足も同様に洗い流し、バスタオルでつつむ

(12)洗面器をワゴンに乗せたら、バスタオルで足の水分を拭き取る。指の間も拭き残しがないようにする

(13)寝衣の裾を元に戻し、患者さんの体位や寝具を整える

 

SNSシェア

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ