栄養チューブの挿入 | 栄養チューブ(胃管)の挿入【2】

【監修】

札幌保健医療大学保健医療学部看護学科

教授 小島 悦子

 

「経鼻経管栄養法」の手技手順 ※栄養チューブの挿入まで

(1)手袋を装着し、チューブの先端から約5㎝ところに水溶性潤滑剤をつける

 

(2)挿入する鼻孔と反対側を向いてもらい、栄養チューブを鉛筆を持つように持ち、鼻孔から挿入する

■ポイント■

栄養チューブが鼻甲介(びこうかい)に当たらないように、鼻孔から下にカーブを描くイメージで挿入する

 

(3)栄養チューブが咽頭まで達したら、患者さんに口を開けてもらい、ペンライトで照らしながら栄養チューブが口腔内でループを作っていないか確認する

 

(4)患者さんに顎を引いてもらい、合図をしたら唾液を飲み込んでもらうよう説明する。合図をしながら、唾液を飲み込むタイミングに合わせて栄養チューブを所定の長さまで挿入する

 

■栄養チューブが胃内にきちんと入ったか確認する方法■

【1】聴診器を胃部(いぶ)に当て、カテーテルチップシリンジ内の空気を胃内に入れ気泡音がするか
【2】カテーテルチップシリンジの内筒を引き、胃液が吸引できるか

 

(5)チューブ先端のキャップを閉じ、栄養チューブをテープで固定する

 

鼻尖~鼻背に切り込みのない側のテープを貼り、切り込みのある側を鼻孔から出ているチューブに片方ずつ巻き付ける。チューブが抜けないように、頬部にもテープで固定する。残ったチューブは不識布等でつつみ、寝衣等に固定する

 

 

(6)最後に患者さんの掛け物を整え、終了

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ