石けんによる手洗い | 手指衛生【1】

【監修】

札幌保健医療大学保健医療学部看護学科

教授 小島 悦子

 

北海道科学大学保健医療学部看護学科

准教授 久賀 久美子

 

「石けんによる手洗い」の実施手順

(1) 流水で手全体を濡らし、石けんをつけ、両手掌をこすりながら石鹸をよく泡立てる

(2)指を交差させながら、手掌と指間をよく洗う

(3) 指を交差させながら、手の甲を洗う

(4) 一方の手掌にもう一方の手の爪・指先を擦り合せて洗う

(5)一方の手でもう一方の手の親指を包み込み、ねじるように洗う

(6)最後に手首を洗う

(7)手荒れ防止のため、流水で石けん分をしっかり洗い流す

(8)ペーパータオルで指先から手首に向かって、押さえるように水分を拭き取る

■ポイント■

洗った手で蛇口に触れないように水を止める

⇒手指衛生した箇所が不潔になってしまうため

■ポイント■

ペーパータオルで押さえるように拭き取る際、強くこすると、手あれの原因になるので注意

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ