高齢者の排泄ケア~陰部洗浄~ | 高齢者の排泄ケア【2】

【執筆】

山本君子(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 教授)

 

【制作協力】

堀内悠香子(株式会社ユニチャーム 営業本部 プロケア営業 首都圏第1支店 東京エリア コーディネーター)

 

「高齢者の排泄ケア~陰部洗浄~」の準備手順

(1)防水シーツを腰の下に敷く

ポイント

陰部洗浄は、患者さんにとって爽快感が得られるが、羞恥心を伴い自尊心を脅かされるため、十分に注意する

 

(2)今後の手技の流れを考慮し、手袋を3枚重ねて装着する

 

(3)おむつを開く

 

(4)恥骨の上と両側の鼠径部にガーゼをあてる

 

(5)ビニール袋に、ガーゼ・液状の石鹸・お湯を入れ、泡をつくる

ポイント

決め細かい石けんの泡は、汚れが落ちやすい

 

(6)熱傷を防止するため腕で湯の温度を確認する

 

「高齢者の排泄ケア~陰部洗浄~」の実施手順【男性の場合】

(1)陰茎を手で軽く支持する

 

お湯をかける順番

尿道口 ⇒ 亀頭部 ⇒ 陰嚢 ⇒ 陰嚢の裏側 ⇒ 鼠径部 ⇒ 肛門

 

(2)ビニール袋からガーゼを取り出す

 

(3)尿道口から上→下に向かって順番に拭く

上から下に向かって洗う理由

尿路感染を防止するため

 

「高齢者の排泄ケア~陰部洗浄~」の実施手順【女性の場合】

(1)大陰唇を開き、恥骨→鼠径部→肛門の順にお湯をかける

 

(2)ビニール袋から泡立てたガーゼを取り出す

 

(3)尿道口から上→下に向かって順番に拭く

上から下に向かって洗う理由

尿路感染を防止するため

 

「高齢者の排泄ケア(陰部洗浄)」の実施手順~石けんの拭き取り~

(1)1枚目の手袋をはずす

 

(2)石けんを十分に洗い流す

石けんを十分に洗い流す理由

石けんは成分が残ると、炎症の原因になる

 

(3)肛門部と臀部全体を洗い、皮膚トラブルを防ぐ

 

(4)2枚目の手袋をはずし、ひきつづき、石けんを十分に洗い流す

 

(5)摩擦を与えないよう押さえながら水分を拭き取る

ポイント

水分をしっかり拭き取り、浸軟を防ぐ
※浸軟…水分にひたって、ふやけること

 

【出演】
市川砂織(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 助教)
田地奏恵(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 助教)
森下純子(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 非常勤講師)

【引用・参考文献】

(1)岡田淳子(著):学ぶ・試す・調べる 看護ケアの根拠と技術,医歯薬出版,2014:75-76.
(2)小林陽子(著):写真でわかる高齢者ケア,インターメディカ,2011:85-93.
(3)谷口好美(著):根拠と事故防止からみた 老年看護技術,医学書院,2012:252-257.

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ