ノンストレステスト | 妊娠中の検査【1】

【監修】

筑波大学附属病院 看護部

小山記念病院 看護部

 

ノンストレステストとは?

●ノンストレステストは、子宮収縮のない状態で、胎児の心拍数を調べる検査

●胎児の心拍を連続的に記録し胎児の元気の良さ、予備能力、胎盤機能を評価をおこなう

●ノンストレステストは妊娠後期からおこなう

 

ノンストレステスト:必要物品

  • 分娩監視装置一式
  • 超音波ジェル
  • 毛布
  • ティッシュ
  • タオル

 

ノンストレステスト:実施方法

(1)妊婦の腰の下にベルトを垂直に通す

(2)心拍計にジェルをつける

(3)胎児の心音が一番良く聞こえる部分に当ててベルトを巻く

(4)陣痛計にもジェルを付ける

(5)子宮底部の正中線上に当て、ベルトを巻き付け固定する

■ポイント■

手順(1)~(5)を実施する間、妊婦の身体が冷えないように毛布をかけるなど配慮する

 

(6)分娩監視装置のスタートボタンを押して記録を開始する【所要時間:20~40分

■ノンストレステストにおける評価事項■

・胎児心拍数と子宮収縮圧を経時的に記録し、胎児の元気の良さ、予備能力、胎盤機能などを評価する

 

(7)計測中に胎動があったら妊婦自身がボタンを押して知らせる

(8)観察が終了したらジェルを拭き取る

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ