心電図 | チェック方法

【監修】

公立南丹病院 看護部

 

「心電図」のチェック方法

(1)患者さんに電極を取り付けたら、波形を確認する

ノイズが混入している場合、波形を正しく評価することができません。

 

■ポイント:ノイズの種類3つ■

【ノイズ1】交流波の混入

 〈波形の特徴〉小刻みな震え

 〈原因〉50Hzや60Hzの電源が干渉していることが原因

 〈対策〉不要な電気機器の電源コンセントを抜く/ME機器のアースを確認する

 

【ノイズ2】筋電図の混入

 〈波形の特徴〉小刻みに震えるように波形が乱れる

 〈原因〉身体の震えなど筋肉に力が入っている

 〈対策〉患者さんの身体の保温をおこなう/リラックスできる環境をつくる

 

【ノイズ3】基線の動揺

 〈波形の特徴〉波形が大きく乱れる

 〈原因〉呼吸による胸の動き

 〈対策〉ゆっくりと浅く呼吸してもらうように促す

 

(2)セントラルモニタのチェックする

■ポイント■

とくに大切なのはアラームの設定

⇒アラームの音量が病棟内に聞こえる大きさになっているか確認する

 

「心電図モニタの誤動作」防止法

〈原因1〉電極や電源の接続が悪い

〈対策〉電極を粘着力が弱くなる前に、定期的に貼り換える

 

〈原因2〉リード線の断線

〈対策〉リード線を疑い、交換する

※以上の点検でも原因がわからない場合は、すみやかにリーダーや医師に相談する

この記事をシェアしよう

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ