接続方法 | シリンジポンプの操作【2】

【監修】

公立南丹病院 看護部

 

シリンジポンプ」接続方法

(1)患者さんに薬剤投与の目的や方法を説明して同意を得る

(2)患者の本人確認をおこなう

(3)手指消毒をおこない、手袋を着用して衛生につとめる

(4)シリンジポンプは輸液ラインの患者側接合部と落差が無いように高さをあわせる

(5)スライダーをシリンジの押し子の位置までスライドさせ、クランプを引き上げてシリンジをセットする

⇒このとき、シリンジの目盛が下にならないよう、見えるよう調整する

(6)本体の電源を入れる

(7)クランプをもどす

(8)早送りボタンを押してプライミングを実施する

⇒早送りによって延長チューブの先端まで薬液が到達するようにして気泡を除去する

■ポイント■

シリンジをセットした段階では、シリンジの押し子とシリンジポンプのスライダーの間など、隙間がある

⇒早送りをすることで、押し子を少し押して、この隙間をなくすことができる

■ポイント■

早送りの分、積算量が加算されるため、積算量をクリアしてゼロに戻すのを忘れないようにする

(9)留置ラインのコネクターをアルコールで清拭する

(10)乾燥してからシリンジの延長チューブを接続する

(11)留置ラインへ、シリンジポンプからのラインを開通させる

(12)時間流量を設定し、各種設定や、輸液ラインの接合を指差し確認する

■ポイント■

指差し確認することによってミスは1/6になるという統計もある

(13)最後に投与開始ボタンを押し、終了

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ