実施方法 | 輸液の準備(ミキシング)【2】

【監修】

公立南丹病院 看護部

 

「ミキシング」の実施方法

(1)薬剤を注射器で吸いあげ、用意しておく

(2)輸液バッグを開封し、アルコール綿でゴム栓部分を消毒して、よく乾燥させる

(3)注射器の針を輸液バッグのゴム栓部分に刺す

■ポイント■

ゴム栓部分に対して垂直に針を刺すことがポイント

■ポイント■

斜めに刺入すると、ゴム栓が削りとられるコアリングが発生するため、垂直に刺入することが大切

(4)泡立ちをなくすために、静かに薬剤を注入する

(5)薬液を入れ終えて、注射器を抜く際は、注入した薬液と同じ量の空気を抜くようにする

(6)注射針は垂直に抜くようにする

(7)針を抜いたら、輸液バッグを軽く上下させて泡立たないように薬剤を混ぜる

(8)ミキシングした薬剤はトレイに入れる。必要によってはプライミングの作業に移る

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ