前腕への包帯の巻き方(環行帯→麦穂帯) | 包帯法【2】

【監修】

公立南丹病院 看護部

 

包帯法における「麦穂帯」とは?

上腕など太さに変化がある部位に対する包帯の巻き方のこと

 

包帯法:前腕への巻き方(環行帯→麦穂帯)の実施手順

■ポイント■

手順(1)~(4)は「環行帯(同じ箇所に環状に実施する方法)」で巻く

手順(5)~(6)は「麦穂帯(巻く箇所に太さに変化があるときに実施する方法)」で巻く

 

=手順(1)~(4):環行帯=

(1)最初は包帯は環行帯(同じ箇所を環状に巻く方法)で巻きはじめる

 

(2)拇指で包帯の端を押さえ、斜め上に巻きはじめる

 

(3)転がすように重ねながら包帯を巻く

 

(4)余った三角形の部分を折り返す

 

■ポイント■

手順(5)~(6)以降は「麦穂帯」で巻く

 

=手順(5)~(6):麦穂帯=

(5)麦穂帯は8の字を描きながら交差させるように巻く

 

(6)最後は環行帯で巻き、固定テープで止める

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ