僧帽弁疾患の外科的治療

『本当に大切なことが1冊でわかる循環器』より転載。
今回は僧帽弁疾患の外科的治療について解説します。

 

早田真治
新東京病院看護部

 

僧帽弁疾患はどんな治療を行う?

僧帽弁疾患には、僧帽弁狭窄症(MS)僧帽弁閉鎖不全症(MR)があります。

 

僧帽弁疾患の外科的治療には、直視下僧帽弁交連切開術open mitral commissurotomy;OMC)、僧帽弁形成術mitral valvuloplasty;MVP)、僧帽弁置換術mitral valve replacement;MVR)があります(表1)。

 

表1僧帽弁疾患の外科的治療の特徴

僧帽弁疾患の外科的治療の特徴


文献

 


本連載は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

書籍「本当に大切なことが1冊でわかる 循環器」のより詳しい特徴、おすすめポイントはこちら

 

> Amazonで見る  > 楽天で見る

 

[出典] 『本当に大切なことが1冊でわかる 循環器 第2版』 編集/新東京病院看護部/2020年2月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ