不整脈の分類

『本当に大切なことが1冊でわかる循環器』より転載。
今回は不整脈の分類について解説します。

 

渡辺朋美
新東京病院看護部

 

不整脈はどうやって分類するの?

不整脈を心拍数によって分類すると、表1のようになります。ほかに、必ずしも心拍異常を伴わない不整脈として、早期興奮症候群(WPW症候群)と脚ブロックがあります。

 

表1心拍数によるおもな不整脈の分類

心拍数によるおもな不整脈の分類

 

★1 洞不全症候群(近日公開)
★2 房室ブロック(近日公開)
★3 発作性上室性頻拍(PSVT)(近日公開)
★4 心房細動(AF)(近日公開)
★5 心房粗動(AFL)(近日公開)
★6 心室頻拍(VT)(近日公開)
★7 心室細動(VF)(近日公開)

 

徐脈性不整脈

洞結節での電気的興奮が必要な回数を下回る、あるいは発生しても伝導経路のいずれかの部位で途絶してしまうために、心拍数が必要な回数に満たない場合、徐脈性不整脈と呼ばれます。

 

頻脈性不整脈

異常な興奮が心筋から発生することで、頻脈性不整脈になります(表2)。

 

表2おもな頻脈性不整脈の鑑別

おもな頻脈性不整脈の鑑別

 


文献

  • 1)百村伸一編:心臓病の治療と看護 (NURSING̶Cure and Care Series).南江堂,東京,2006.
  • 2)医療情報科学研究所編:year note 2019.メディックメディア,東京,2018.
  • 3)大八木秀和:まるごと図解 循環器疾患.照林社,東京,2013.

 


本連載は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

書籍「本当に大切なことが1冊でわかる 循環器」のより詳しい特徴、おすすめポイントはこちら

 

> Amazonで見る  > 楽天で見る

 

[出典] 『本当に大切なことが1冊でわかる 循環器 第2版』 編集/新東京病院看護部/2020年2月刊行/ 照林社

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ