不整脈の理解に重要な心電図の読み方

『本当に大切なことが1冊でわかる循環器』より転載。
今回は不整脈の理解に重要な心電図の読み方について解説します。

 

渡辺朋美
新東京病院看護部

 

〈目次〉

 

 

不整脈はどんな疾患?

正常な状態では、洞結節から発生した電気的興奮はすみやかに心房内を伝導し、ヒス束→右脚・左脚→プルキンエ線維を通り、心室全体に興奮が伝播します。
この正常な刺激伝導系とは別の部位で刺激が発生し、心臓での電気的興奮の発生や伝播に異常が生じているのが、不整脈です(図1)。不整脈は、心室の興奮頻度から徐脈性と頻脈性に大別され、さらに主たる異常が存在する解剖学的部位によって大別されます。

 

図1不整脈のしくみ

不整脈のしくみ

 

 

不整脈をみきわめる心電図の読み方

不整脈を考えるには、まず、患者さんの心電図が正常か異常かを判断します(図2)。

 

図2心電図の読み方の基本的な順番

心電図の読み方の基本的な順番

 


文献

  • 1)百村伸一編:心臓病の治療と看護 (NURSING̶Cure and Care Series).南江堂,東京,2006.
  • 2)医療情報科学研究所編:year note 2019.メディックメディア,東京,2018.
  • 3)大八木秀和:まるごと図解 循環器疾患.照林社,東京,2013.

 


本連載は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

書籍「本当に大切なことが1冊でわかる 循環器」のより詳しい特徴、おすすめポイントはこちら

 

> Amazonで見る  > 楽天で見る

 

[出典] 『本当に大切なことが1冊でわかる 循環器 第2版』 編集/新東京病院看護部/2020年2月刊行/ 照林社

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ